マクロスF

ここでは、マクロスF に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「シェリル・ノーム starring May'n名義での久々のニューシングル、『pink monsoon』がついに発売となったわよ」

pink monsoon - シェリル・ノーム starring May'n


「この曲はシェリルのデビュー曲という設定だそうです。11月に公開予定の『劇場版 マクロスF 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~』の挿入歌でもあるみたいですよ」

「デビュー曲でこれって、やっぱシェリルはマジ半端ないわよね・・・」

「いやぁこの曲、娘(ニャン)ドラ◎ドラ3(ドラマCD)で初めて聴いたときから凄く気になってたんだよ!やっとフルで聴けた!」

「余談ですが、娘ドラ◎ドラ3に収録されている『ギャラクシー・メモリー』という話はシェリルファンならば一度聞くことを強くおすすめするわ。シェリルとグレイスの出会いから、デビューに至るまでの話。アニメ本編では二人の関係はあっさりあんなことになってしまったけど、グレイスの本当の想いは・・・ということが描かれています」

i「『ダイアモンド クレバス』はミシェルとクランというイメージが強いが、あの話を聞いた後だとやはりシェリルの歌だなぁという気がするよ・・・」

「♪神様に恋をしてた頃は こんな別れが来るとは思ってなかったよ・・・」

「♪もう二度と触れられないなら せめて最後にもう一度抱きしめて欲しかったよ It's long long good-bye…」

「あああ泣ける・・・。やはりシェリルの歌は最高だ」

「ですね。しかし歌の評価は高いのに、本編でのシェリルの扱いは少々酷かったから・・・。劇場版ではシェリルが活躍し、何より幸せになってくれることを切に願います」

「TV版ではランカばかりがあからさまに推されていたからね・・・。いや、別にランカアンチってわけじゃないんだけど・・・」

「製作者側がゴリ推しする割に、正直あまりキャラクターとしての魅力を感じないんだよなぁ、ランカには。ナウシカ的な役回りを意識したんだろうが、ナウシカのように特別心が優しいというわけでも、芯が強いというわけでもなく・・・。最初の方は歌手を夢見る普通の子、って感じで可愛かったんだが・・・。中の人の素朴な歌声とかは今でも好きなんだけどなぁ」

「でも、今回のシングルもそうですし、劇場版予告なんか見ると、今までとは打って変わってシェリルが前に出てきてますよ。11月25日にはシェリルのミニアルバム『ユニバーサル・バニー』も発売されるみたいですしね」

「この推され具合がなにかの前触れのような気がして恐ろしい。非常に不気味だわ・・・」

「てか実際推してるんだか貶めてるのか分からないアピールの仕方もしてるんだけどね」




「『歌で銀河が救えるわけないでしょ』って・・・今までのマクロスシリーズ全否定・・・。つーかシェリルにそれを言わすな!」

「ストーリーも、どうせイツワリノウタヒメがシェリルで、ホントウノウタヒメがランカってオチなのよ、きっと」

i「いやいくらなんでもそれは・・・。ただ、劇場版では三角関係に決着をつける、みたいなことを公式が言っているようですが、普通に考えてトライアングラーはランカ√でFAでしょうねぇ・・・」

「CD販売などで事前にシェリルをプッシュしておいて、後に沸き起こるであろう怒りの矛先を少しでも逸らすつもりなのね、考えたものだわ・・・。・・・我ながら凄い被害妄想だと思うのだけれど、それだけシェリルファンにはTVシリーズで辛酸を舐めたトラウマがあるということなのよ・・・」




最近地元でマクロスFの放送が始まった(遅)。
スポンサーサイト


「L・O・V・E・ラ・ン・カ!!」


超時空シンデレラ ランカ・リー



「うぉぉぉぉぉぉっ!ランカ可愛すぎるぜっ!キラッ☆」

「・・・ウザッ☆」

「まぁランカもいいがどう考えてもシェリルの方がいい女だろ常考」


銀河の妖精 シェリル・ノーム



「ちなみに、上の画像はどちらもPSP壁紙サイズになってます」

「・・・曲が良すぎるので試しに見てみたマクロスF、これがまた面白かった!ちなみに俺これが初マクロス」

「見てる間やたらとエスカフローネを思い出したんだが・・・、菅野よう子が曲を担当するロボットものだからかと思っていたが、どうやら監督が一緒らしいな」

「エスカフローネは男2女1の三角関係でしたが、マクロスFは女2男1の三角関係でしたね」

「何度も言うが俺はシェリル派。そんな俺が最近驚いたこと→May'n オフィシャルウェブサイト

「・・・・・・・・・?どちらさまで?」

「ご、ご存知、ないのですかっ!?彼女こそ歌声シェリルを担当する超実力派若手シンガー、May'n(メイン)さんですよ!」

「えぇっ!?この可愛らしいお嬢ちゃんがか!?」

「な。びっくりだよな。10代だとは聞いていたが・・・、あんまり歌声に迫力があるゆえ、外人じゃないのかとすら思っていたぜ・・・」


勝手に謎のシンガーかと思っていたらめちゃくちゃ顔出ししていたMay'nさん。
『ダイアモンド クレバス』(Live)

シェリルだ・・・シェリルがいる・・・!


「・・・ヤック・・・デカルチャー・・・」

「ちょ・・・喉からCD音源!これで生歌とか嘘だろ・・・。むしろCDより良いんだが」

「こんな上手い若人マジ久々ってか初めて見た。ちょっと俺本気で応援するわ」

「彼女にはクソ曲は歌ってほしくない・・・。これからも菅野さんプロデュースで曲を出してくれれば一番良いのですが・・・」

「ていうかさ、菅野よう子って人間じゃないんだろ?(神的な意味で)」

「神のいる国、日本。20話ラストでダイアモンドクレバスが流れた時は涙と鳥肌が止まらなかったぜ・・・」

「話自体はアニメではよくある話、実によくある話なんです。しかし、曲が良すぎて相乗効果でやたら泣けてしまうという・・・。おかげでこの曲はもうすっかりミシェルとクランの曲というイメージですね」

「泣き曲も良いが、テンションアゲアゲ系の曲もいいぞ」


『娘々(にゃんにゃん)サービスメドレー』



「最終回で流れた曲だな。これまでに作中で使われた曲がメドレーになっている」

「ライオン→インフィニティ→私の彼はパイロット→ダイアモンド クレバス→星間飛行→What 'bout my star?→ライオン→愛・おぼえていますか→ライオン→アイモ ・・・っつー感じの流れで合ってると思う」

「マクロスFはストーリーも良いですが、やはり何より曲が神・・・。今年劇場版も公開されるようですので、そちらの主題歌も楽しみですね」


「聴くならやはりアニソンに限る・・・」


マクロスF OP 『ライオン』 May'n(シェリル・ノーム)/ 中島 愛(ランカ・リー) 歌詞

良い。とても良いのだが少々ランカボーカルに力が足りないか。
そしてシェリルの歌声、最初水樹奈々かと思った・・・。


作中の登場人物である、歌姫・シェリルとランカ。
この二人のオフィシャルブログが存在するらしい。

シェリル・ノーム オフィシャルブログ
ランカ・リー オフィシャルブログ


「アニメキャラのブログが存在するとは・・・。デ、デカルチャー!」

icon_kyon001.jpg「まぁ、SOS団のサイトもあるくらいだからな・・・」



マクロスF ED 『ノーザンクロス』 シェリル・ノーム starring May'n 歌詞

これ最高。何から何まで自分好み。
しかしマクロスFの楽曲はどれも名曲揃いだなぁ。


「まさに安心・納得の菅野ブランド・・・」


なんかすごい流行ってるらしいこの曲。


ランカ・リー=中島愛「星間飛行」

いわゆるベタベタなアイドルソング。しかし、作曲は菅野よう子、そして作詞はなんと松本隆(松田聖子の曲をたくさん書いてる人)!こりゃすげぇ。
私はアイドルが好きなんでもちろんこういうアイドルソングも好きなんですが、個人的にはもう少し速いテンポのものが好きかなぁ。まぁ完全に好みの問題。
でもこれ歩くテンポと一緒っぽいから、散歩に向いていそうだ(なんじゃそりゃ)。

この曲、「マクロスF」の挿入歌だそうで、使われてるシーンをちょっと見てみたんですが、マクロスシリーズを一度も見たことのない私はポカーンって感じでした・・・。まぁアニメだしいいんじゃないかな・・・。
自分としてはやっぱアイドルは二次元より三次元。


ちなみにOPの「トライアングラー」もいいですよね。私はこっちの方が好きかなぁ。
全体的にすごく菅野よう子っぽいです。
坂本真綾とのコンビってたぶんかなり久々のはず・・・。


菅野さんの曲は特にサビが覚えやすくてすごくいい。
今回の「星間飛行」なんて脳内リピート率が相当高くて、気付けば鼻ずさんでます・・・。