アイドル

ここでは、アイドル に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「GILLEさんという方がアレンジ・カバーしたフライングゲットが大変かっこいいと一部で話題です」





「これを聴いたAKBヲタの反応も『原曲よりもいい!!』と、評価は上々のようですよ」

「原曲は総選挙効果でバカ売れこそしましたが、発表されたばかりの頃から『なんか曲調がモームスっぽくてダサい』と低評価、その後もヲタの間でも駄曲とする人が多いような曲でしたからね。それがここまで化けるとは・・・」

「くっ、こんなところで引き合いに出される我らがモーニング娘。って・・・」

「GILLEさんが一体何者なのかは今のところ不明ですが、このカバー、本当にかっこよく仕上がっていますのでAKBファンもそうでない人も一度聴いてみてはいかがでしょうか」
スポンサーサイト


「最近、ぱすぽ☆ってアイドルグループに注目している」




インディーズデビュー曲 Let It Go!!



「画像の説明にもあるとおり、ガールズロックユニットってことで、楽曲もギターを前面に出したロック調に仕上がっているわね。まさに管理人好みだわ」

「旅がテーマだそうで、PVではスチュワーデス風の衣装を着用しているなど、他のアイドルとの差別化も図っているみたいですね」

「そういうのって結構重要だぞ。こういう独自のものがないと昨今のアイドル戦国時代を生き抜けそうにないからなあ」

「ところで・・・。なんか、メンバーの中にゴトゥーザ様(声優の後藤邑子)に似てる子がいない?」

「ああ、あと、2番目くらいにかわいい子はMay'nに似てるし、なんかガキさん(モーニング娘。の新垣里沙)に似てる子もいる」

「こんなに既視感のあるメンバーが揃っているグループも珍しいですね。あくまで管理人さんにとっての話ですけど・・・。まあ、馴染み深い顔だちが並んでると、多少の安心感があっていいんじゃないでしょうか・・・」



5月4日に「少女飛行」でメジャーデビューだそうです。


「ウォークマンの容量がそろそろギリギリになってきたから、あんまり聴かない曲は消そうかなー10年桜はどうしようかなーとか思って、消す前に一応歌詞の内容等をしっかり把握しようと検索とかしてたら興味深い記事を見つけた」

AKB48の10年桜のPVって、死後の世界って本当?
http://akb48matome.info/archives/1650




「今年の1月のスレかよ今更過ぎと思うかもしれませんが、そもそも10年桜って2009年発売の曲なんですよね。それが今年になってPVが再び注目を集めたようです」

「皆さんの考察を読んでからPVを見ると、相当深い内容だったということに驚かされます。本当にAKBのPVは質が高いですね・・・」

「ん?その言い方はハロプロへの当て付けか?でもな、この記事の元スレは狼板なんだぞ。さすがおっさんばかりの我が軍、よく考察している。ゆとりばかりのAKBヲタではこうはいかないな!」

「と、ハロカッサーが申しております」

「まぁとにかく、この記事読んで、歌詞の内容もなんだか単なる卒業ソングには聴こえなくなってきたから、10年桜をウォークマンから消すのはやめたよ」

「AKBの曲って、なんだか似た曲も多いんですが、Cメロが良かったりするとついつい残しちゃうんですよね。10年桜も、Cメロが特に好きです」

「そろそろ桜の季節ですし、皆さんも改めてこの曲を聴いたり、PVを見たりしてはどうでしょうか。今までとは違ったものが見えてくるかもしれませんよ」


「注目のアイドルグループ、さくら学院がついにメジャーデビューしたぜ!」





「『夢に向かって』と『Hello ! IVY』の両A面のシングルみたいだけど、俺はHello ! IVYの方が好き。ていうかこの曲すごい気に入った」

「パンクっぽい曲調のアイドルソングって結構珍しいかもね」

「さらにこの歪ませたベース音・・・たまりませんなぁ」

「まぁあくまでアイドルソングですので、パンクというかもっとさわやかでポップな感じになってますけどね。・・・パンクなアイドルソングといえば、ハロプロアイドルのBuono!の曲もパンクだと言われていましたよね」

「それについては前から言いたかったんだけど、Buono!はパンクじゃなくてロックじゃないの?歌詞の方向性とか、精神論的な意味でパンクってことなんだろうか。でも曲としてはパンクの曲調ではないと思うんだけどなぁ・・・」

「・・・と思って色々聞き直しましたが、『ガチンコでいこう!』なんてめっちゃパンクなんですけど・・・」

「あれ、ほんとだwwwwサーセンwwwwwwwwwwでもこの曲くらいじゃないか?いやBuono!の曲全部把握しているわけじゃないけどさ。ていうかもうパンクの定義が分かんなくなってきた」

「・・・まぁパンクだって元々ロックから派生したものなんだし、あんまり深く考える必要ないでしょ。それに読んでいる人は、正直そんなことは超どうでもいいって思ってると思うわよ・・・」

「ですよねー。あ、あと最後にこれも言っておきたかったんだけど、Buono!の曲のベースもかっこいいよね!・・・ってことでさくら学院の話に戻そう」

「えらい回り道してしまいましたけど・・・。ところでさくら学院のセンターはやはりというかなんというか、武藤彩未ちゃんみたいですね」

「可憐Girl'sのときもセンターでしたしね。ちなみに可憐Girl'sからは他にも中元すず香ちゃんも所属しているということで、管理人さんはさくら学院には前から目をつけていたんですよね」

「いやーデビューまで結構長くて待ちくたびれちゃったぜ!それにしても彩未ちゃんは相変わらずかわいいなぁ」



「ま、でもやっぱこの頃が一番かな・・・!」



「可憐Girl'sの『Over The Future』の時ね。ほんとにかわいいから、この子のせいでロリコンになっちゃったって人も結構いるんじゃないかと、割とガチで思うわ・・・。なんかこわいけど」

「あのときはマジで天使が舞い降りたと思ったもんなぁ。でもこの子ってちょっと作画にバラつきがあるんだよね」

「・・・?はて作画とは・・・?」

「なんか、写真写りとか、動画写りみたいなもののことらしいですよ・・・」

「最初っからそう言ってくださいよ・・・。ていうかアニメキャラじゃないんだから・・・」

「『My Wings』のときなんて別人かと思っちゃったもん・・・。本日最後はそんな俺の、武藤彩未フォルダの中で一番お気に入りの画像を紹介しよう」



「やっぱこの画像だな。これはもう作画監督レベル。かわいすぎ。加えて制服にランドセル・・・うーん、たまりませんな」

「げ、ここにもロリコンが一人・・・」

「まぁこの頃の彩未ちゃんはもう戻ってこないけど、さくら学院のPV見る限りでは現在いい感じに美人に成長してるみたいだし、作画も安定しているようだ。すず香ちゃんも相変わらずかわいいし(ホクロ取ったんだね)、他のメンバーも結構かわいい子が揃っているので、これからもさくら学院の動向を地味に追っていこうと思う。色々脱線しちゃったけど以上」


「熊井ちゃんはかわいいなぁ」



180cmアイドル熊井友理奈さん、セレンドで高難易度のクイズを出題


「ベリ(Berryz工房)の時代始まったな」

「熊井さんはニュー速(2ちゃんねるニュース速報板)でも、モデルみたいに背が高いのに可愛い!と人気があるみたいですよ」

「現在のハロプロのアイドルがヲタでない層から支持を受けるのは、珍しいことかもしれない」

「・・・えーと、ていうかなんでいきなり今回もBerryz工房の話になってるんですか?今日はAKB48の話だと聞いていたのですが・・・。しかも写真でけえ・・・」

「あーそうそう。そうだったわ、失礼失礼。先日のNHKでの『AKB48リクエストSPECIAL』、見たよ!りこてぃんの映像も出まくってたよな!」


りこてぃん・・・AV女優のやまぐちりこ。元AKB48の中西里菜。


「アップのカットもかなり多かった。人気メンバーだったのだということがよく分かる」

「現役AV女優のアイドル時代の映像がNHKで大量に放送されるとは・・・。しかも在籍していたグループは現在国民的アイドルと呼ばれるほどで・・・。この展開、股間がいや胸が熱くなるな・・・」

「確かに、最近のAKB48の勢いは凄いですよね。こんな特番も組んでもらえて、ハロプロファンとしてはうらやましい限りなのではないですか?」

「全くその通りだ。でも仕方ないよ。いくら熊井ちゃんが可愛くても、どう考えても今はAKBの時代だもん。・・・ただ、この番組見てて気になったんだけど、AKBってテレビ収録では口パクがデフォルトなん?」

「どうやら基本的にそのようですね。BINGO!あたりまでは生歌っぽかったですけど」

「リクエストで1位だった、俺も大好きな大声ダイヤモンドまで口パクだったからテンション下がったよ・・・。つーかあまりにも口パクばっかりだと、見てて途中で飽きてきちゃうんだよなぁ」

「と言いつつ結局最後まで見ていたくせに・・・。というか、ああいうものは口パクかどうかなどにこだわらず、可愛い女子達が笑顔を振りまいて歌い(口パクでも)踊る様子を『ああ、可愛いなあ』とただ観賞すべき。なんと言ってもアイドルなのだから」

「まぁそうなんだけどさ・・・。でもそう考えると、常に口パクじゃないハロプロ系ってやっぱ凄いのかもと思ってしまった。逆にAKBファンはテレビ見てて、今日の○○ちゃん調子いいな、とかそういうのは表情とダンスだけで判断するってことなんだろうか。それってなんだか俺的には物足りないんだが」

「確かにそういう意味ではハロプロの方がよりアーティスト志向(笑)であると言えますね。特にモーニング娘。は歌唱も安定している上ダンスにも迫力ありますし。・・・まぁ何を言っても今のハロプロはAKBには全っ然適わないんですけどね」

「AKB48の新曲『Beginner』は初動売り上げ80万枚超えらしい。いくらAKB商法ありきとは言えこれは凄い」

「ではこの件についてハロプロファンより久々に一言どうぞ」

「ジャケ写を見て、えっ結局また前田敦子センターに戻ったのかよ、と思ったのは俺だけではないはずだ・・・」


「Beginner」初回限定盤A ジャケ写



「左から大島優子さん、前田敦子さん、高橋みなみさん、板野友美さんですね」

「前回の総選挙では大島優子が1位だったわけだが、元々あの選挙は『次のシングル(ヘビーローテーション)』のセンター及び選抜メンバーを決めることが主な目的であったから・・・」

「でも、あれだけ大々的に人気投票をやっておいて、ほんとに大島さんセンターは一曲だけなのかよ、って感じはしますよね。まぁ、音楽番組によっては今回の曲も大島さんセンターで歌っている場合もあるようですが」

「別に前田さん嫌いじゃないけど、ステージパフォーマンスを見てると大島さんの方が圧倒的に上なんだよなぁ。だからヘビーローテーションだけと言わずにまた今後もジャケ写・PV・歌番組全てで大島優子センター安定を見たいです僕は!以上」

「あなたはパフォーマンス能力が高いのに上の人にはなかなか認められないアイドルに感情移入しやすいですからねぇ。まぁ、それでも大島さんは相当認められているほうなんですけどね・・・」


「アイドル好きならば誰もが注目していたであろう、AKB48総選挙の結果が発表されました」


「AKB48総選挙」で大波乱 大島優子が初戴冠で前田のV2阻止!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100609-00000011-oric-ent


「中間発表では1位だった前田敦子がまさかの2位と、なかなか大変なことになってしまったようです」

「前田敦子が1位陥落したらAKBも面白くなるのに・・・とか思ってたら本当にその通りになってしまった。新時代の幕開けだな・・・」

「はいはい胸熱胸熱。とりあえず、これで次のシングルでは大島優子センターが確定したわけですね」

「・・・それよりもこの大島さん、1位になったら坊主にするとか言っていたようで・・・。まさか自分が1位になるとは思わずに、冗談で言ったことなのでしょうが、これ、どうするのか非常に気になります・・・」


「話題の新人アイドルが、オリコンデイリー1位を獲得したそうよ」


行くぜっ!怪盗少女/ももいろクローバー



「僕は、早見あかりちゃん!(がいいと思う)」





「すごい綺麗なのにあんまり出しゃばらない感じがたまらん」

「それより、誰とは言いませんが、まだ若いのにAV女優のような雰囲気を醸し出している子がいるのですが・・・」

「若いうちから芸能界にいると、色々あるんじゃないですか。いや、知りませんけど」

「ていうかこのグループ、ロン毛ストレートばっかじゃない。みんな同じ髪型だと、特徴が無くて一人ひとりの顔を覚えてもらいづらいんじゃないかしら」

「昔ながらの清楚な大和撫子的な感じをウリにしてるんじゃねーの?まぁ、アイドルオタクの俺は既に全員の顔を覚えましたがね」

「そりゃ、PVを10回ぐらいリピートして見ていれば誰だって・・・」

「だ、だって意外といい曲だったんだもんよ、中毒性高くて」

「ちなみにこの曲は、ニコニコ動画で有名なヒャダイン氏の作詞・作曲・編曲とのことで、これもちょっとした話題になっているようですよ」

「えっそうなん?・・・そういや確かに各所でヒャダインヒャダイン聞いたし、こんなニュースも見たような・・・」

『ニコニコ動画』の人気ユーザーが実は『ワンピース』作曲者だった! ヒャダイン氏
http://getnews.jp/archives/58077


「プロっつってもどうせそんな大したあれでもないんだろって一度は流し読みしかしなかったんだが・・・、よく読んだら結構有名な曲も作ってるじゃん!すげえ!こりゃあニコ厨の俺の大勝利確定だな」

「・・・いや、あんたは全く関係ないでしょ・・・。なんなのその『ワシが育てた』的発言・・・」

「まぁとにかく、ヒャダイン氏にはこれからも多方面でその才能を活かしてもらいたいですね。それを望んでいるファンがたくさんいるのですから」


「最近、テレビでよく見かけますよね、AKB48」

「昨年末あたりからやたら出始めるようになったわよね」

「まぁ、そこでメンバーを一通り見た際、やはり亀井絵里に敵う人材はいなかったわけだが」

「顔の好みは人それぞれですからね・・・。というわけで、前にチラっと言った通りAKB48の曲を聴いてみました」

「母体(?)であるAKBの他にもSDNだのSKEだのチームAだのBだの色々あるみたいだけど、よく分からないからとりあえず聴くのはAKB48として出しているシングル曲だけにしたわ」

「管理人は元々『BINGO!』って曲が好きだった。嫌味のないアイドル曲って感じでかなり良い」

「割と初期の方の曲ですね。・・・最近の曲では『RIVER』や『桜の栞』がオリコン週間1位を獲得し話題になっていましたが、こちらはどうでした?」

「『RIVER』は最初の部分は若干ズコーだったけど、サビあたりはキャッチーなメロディがまぁ良かったかな。『桜の栞』は良い意味でよくこんなことやったなぁと思う。人数多くなきゃできないよな。・・・しかしそれより何より俺が一番良いと思ったのはこの曲だ」


大声ダイヤモンド



「これ良すぎだろ。ていうかこんな良い曲あるなんてなんで誰も教えてくれなかったんだ!・・・AKBに、ありがとう。ハロプロに、さようなら。そして、全てのアイドルオタに、おめでとう!!!」

「いや、意味が分からないんだけど・・・」

「・・・まぁ、ハロプロにさようならは冗談だが、楽曲のレベルはもうAKBの方が数段上だな。それに、なんか歳取ったらあのハロプロ特有のつんく歌唱法が鼻につくようになっちゃったんだよなぁ」

「AKBはPVも良いわよね。特に『大声ダイヤモンド』みたいに、ストーリー仕立てになっているものが面白いわ。ただ、ほとんどのPVにおいて前田敦子が優遇されすぎなのが気になるけど・・・」

「ああ、いくら人気があるといっても、見てる方としては前田さんばっかだと『またかよ!』って感じ。PVでメインになる子は人気メンの中で毎回変えるとかにすればいいのに」

「ここで個人的にAKBとハロプロを比較してみると、ルックスの平均点→ハロプロ>AKB、歌唱力→ハロプロ≧AKB(?)、声の可愛さ・美しさ→ハロプロ<AKB、PVの出来→ハロプロ<<<AKB、曲の良さ→ハロプロ<<<AKB、世間の注目度→ハロプロ<<<<AKB、って感じでもはや総合的にはAKBの方が上ではないかと。風・・・なんだろう吹いてきてる確実に、着実に、AKBのほうに・・・」

「このことに関してハロプロファンから一言どうぞ」

「うむ、この調子で、アイドルと言えばAKB48!ぐらいの勢いで売れて欲しいね、昔のモーニング娘。みたいに」

「ほう、それはなんとも意外なお言葉ですね」

「いや、圧倒的に差が開けば、さすがにつんくや事務所も本気出してくれるんじゃないかと思って」

「売れなくなったら本気出す、じゃあ遅すぎる気がするけどね・・・。ていうか本気出して今の状態なんじゃ・・・