仮面ライダー響鬼

ここでは、仮面ライダー響鬼 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ショックです…。
http://www.sanspo.com/geino/news/080621/gnj0806210504015-n1.htm

女優の神戸みゆきさんが、心不全のため亡くなられました。享年24歳、…若すぎる…。

私にとっては、3代目セーラームーンというよりも、やはり「仮面ライダー響鬼」での立花日菜佳の印象が強いです。大好きな作品でしたから…。

作中での日菜佳ちゃんは、明るく元気いっぱいな子で、ムードメーカー的な存在。
実際の神戸さんもそれに近かったんじゃないかなと勝手ながら思っています。

響鬼放映当時、テレビ朝日による公式サイトを毎週チェックしていたのですが、週代わりで役者さんのインタビューや、自身による裏話(?)みたいなものが更新されるんですね。
神戸さんの回は特に面白く、笑わせてくれて、イメージ通りだ!と思った記憶があります。サービス精神の強い方だったのでしょう。

実は昨晩から、作中での日菜佳ちゃんの着メロ(クラシックの和風アレンジのようなもの)を必死になって探していたところだったんです。
今日色々検索してみようとPC開いたら、ヤフーのトップにこの訃報…。
本当にショックです。悔やまれます。


神戸さん、今までありがとうございました。
響鬼や日菜佳ちゃん、あなたに会えたこと、忘れません。

安らかにお眠りください。
スポンサーサイト


「仮面ライダー響鬼」のOPについては最近こちらの記事で書きましたが、今回は響鬼での私のお気に入りの回をご紹介。え?今さら?ってツッコミはナシの方向で・・・。
hibiki11.jpg
八之巻「叫ぶ風」。上の子は天美あきら(あまみ あきら)ちゃん。あきらも好きだったなぁ。この回は、この子メインと言っていいと思います。
で・・・、
hibiki12.jpg
タ、タキシード仮面様ぁ!!・・・ではありませんよ・・・。イブキくん。ヒビキさんの仲間で、音撃戦士・威吹鬼に変身します。変身前は、ヒビキさん同様、「イブキ」ってカタカナ表記です。
しかし、美青年・・・。
hibiki13.jpg
ちなみに、この美青年・イブキくんとあきらは師弟関係。彼女は響鬼や威吹鬼みたいな鬼(つまりライダー)になるための修行中で、イブキくんと共に化け物(摩化魍(まかもう))退治にいそしんでます。
あきらはまだ変身できないので、サポートだけですが。

しかし、「響鬼」の出演者は、美形揃いでした・・・。
hibiki14.jpg
あきら役は秋山奈々ちゃんって子なんですが、実写版エヴァを作るとしたら、綾波レイ役は彼女でどうでしょう?色も白いし、すごい落ち着いてる子ですから・・・。

アスカ役は・・・

shoko11.jpg中川翔子で問題ないんじゃないですか?本人もノリノリでしょう。
でも中学生役は、ちょっとツラい☆カナ・・・。私的にはアリですが。

じゃあシンジは?ミサトさんは!?・・・考え出すとキリがないので、このへんでやめときます・・・。


話を元に戻しますね。この回の内容を簡単に説明すると、ヒビキさんに憧れる少年・安達明日夢(あだち あすむ)くんは、高校受験に見事合格し、ヒビキさんにそれを伝えるために彼が修行しているという山に一人向かいますが、道に迷ってしまいます・・・。
hibiki15.jpg
しかし、近くへ摩化魍退治に来ていたイブキとあきらのテントを偶然見つけ、命拾い。一晩ご厄介に。
ちなみに明日夢くんは、イブキくんとは面識がありますが、あきらとはほぼ初対面。
でも、あきらはクソ真面目の上気が強いものですから、自分たちは仕事をしにきているのに、突然道に迷ってきてごはん食べて寝るだけの明日夢くんが気に食わない・・・。
hibiki16.jpg
「あなたがここにいることって、今の私たちにとってちょっと迷惑なんです!私たちがしていることは遊びじゃないんですから!これ以上足引っ張らないでください!」
・・・とバシバシ明日夢くんにキツイ言葉を浴びせかけるあきら。
で、それを見ていた師匠のイブキくんが、
hibiki17.jpg
「そうやってすぐに自分に引き寄せて考えるのが、あきらの悪いクセだと思うよ?」

・・・このセリフ。このセリフが「響鬼」という作品の中で、自分的に最も印象に残っている言葉じゃなかろうか。私もモロにあきらタイプの人間ですので・・・。心にグサリときました。(いや、サクリか?どっちでもいいか・・・)
イブキくんの注意の仕方も優しくていいですね。あきらみたいな子には、強く言うんじゃ逆効果なんですよ(自分がそうなので分かる)。身近にイブキくんみたいな人がいるあきらは幸せ者です。
hibiki18.jpg
その後近くの山で鍛えていたヒビキさんが陣中見舞いにやってきて、イブキくんとあきらは摩化魍退治へ。
出かける直前、明日夢くんを見つめ、何か言いたそうなあきら。
hibiki19.jpg
二人の雰囲気を察して・・・、ヒビキさん、とりあえずイブキくんとあきらを見送ります。オットナ~!
hibiki20.jpg
あきらとのことを相談する明日夢くん。明日夢くんは父親がいないので(両親が離婚した)、ヒビキさんは憧れのお兄さんであると同時に、お父さんみたいな存在でもあるかも・・・?

ちなみにこの回、ヒビキさんは山ごもり中だったってことで、うっすらヒゲが生えてます。それもまたス・テ・キ!!(・・・)

hibiki21.jpg
一方イブキくんとあきらはというと、まぁこのようにして無事にイッタンモメンっつー摩化魍を退治しまして・・・(適当な説明・・・。そうそう、威吹鬼の武器はトランペットですが・・・、何か?)、
hibiki22.jpg
二人が帰ってきたので、「ちょっと少年、あきらにコレ渡してこいよ」と目で合図するヒビキさん。
hibiki23.jpg
戸惑いながらも、「おつかれさま!」
hibiki24.jpg
見守る二人・・・。
hibiki25.jpg
「ありがとう。・・・さっきは言いすぎました。・・・ごめんなさい。」

・・・素直に「ありがとう」「ごめんなさい」が言えるあきらちゃんに拍手!このふたことってすごく大事。大事ですがなかなか言えません・・・(特にごめんなさい、が)。
ていうかあれだけキツいこと言われたのに、笑顔で「おつかれさま!」ってお茶を渡せる明日夢くんは、もっと凄いかも。
hibiki26.jpg
♪あきらと少年 仲直り♪

ちなみにこの回以降、あきらは信じられないくらい性格が穏やかになっていきます・・・。というより、たまたまこのときだけ相当頭にきてたのかも・・・?
実は彼女、明日夢くんと進学する高校が一緒で、その後も二人は仲良く助け合ってゆくのでした。(うまくまとまった!)
hibiki27.jpg
良かったね!明日夢くん!

この回、主人公のヒビキさん変身してないけど、一番好きな話かも。話自体はすごく単純なんですけど、子供向けに分かりやすく作られているからこそ、頭が固くなっちゃってる大人が見ても感動できる・・・、ってことなんでしょうな。

「仮面ライダー響鬼」、本当にいい作品でした!!



貪欲に投票するお!(`ω′)
 人気ブログランキングへ

ブログランキング参加中。クリックにご協力お願いします。


先日、レンタルショップで借りてきちゃいました、「仮面ライダー響鬼」。これ、ちょう好きだった!
リアルタイムで全話見ましたが、私の好きな話が入ってる2巻をチョイス。前期の響鬼はスゲー面白かった。私は特に、前期の前期(響鬼紅(ひびきくれない)になる前くらい)が好きです。
hibiki05.jpg
OPから好きでした。これ確か屋久島。最近、友達と屋久島行きたい!って話してました。みんなが行けるわけじゃないそうですよ。屋久島が人を呼ぶそうです・・・。
hibiki06.jpg
大好きなヒビキさん(細川茂樹さま)。「おっさんライダー」って呼ばれてたみたいですが、彼のどこが「おっさん」なんでしょう・・・。
hibiki10.jpg
かと言って「おじさま」って感じでもなければ「好青年」って歳でもないんですが・・・。素敵な大人の男性ってのが一番しっくりきますかねぇ!!(テンション高いな)
hibiki07.jpg
左がヒビキさんに憧れる明日夢(あすむ)くん(ヒビキさんには「少年」と呼ばれておる)、真ん中がヒビキさんをサポートする香須実(かすみ)さん、右も同じくサポートの日菜佳(ひなか)ちゃん。
・・・こうしてみるとだいぶ名前の読み方難しいですね・・・。

OPとか本編とか、こういう和の雰囲気が良かった。武器も太鼓だったりとか。
hibiki08.jpg
これこれ、太鼓叩いてるところ。でもこういうの、子供には全然ウケなかったみたいです・・・(泣)。
そのせいもあってか、この作品は、前期と後期でプロデューサー、脚本家が交代になったんです。この騒動についてはこちら←(ウィキペディア)を参照のこと。
見てたときはそんな騒動があったなんて知りませんでしたが、後期を見ていて確かに前期との構成の違いは感じましたし・・・、今さらなことなんで多くは語りませんが、なんかグダグダで・・・、色々「ん・・・?」って感じでした・・・。
響鬼の特徴だった「和」な感じも、後半はOPを含めて全くと言っていいほどなくなってしまいましたし・・・。(武器は剣みたいなのになっちまいやがった)
hibiki09.jpg
最近掲載画像がどんどんでかくなってゆく傾向が。
こちらはさっきもチラっと紹介した、立花香須実さん。画像がでかいのでお分かりかと思いますが、私は香須実さん推しでした。お美しい。演じているのは蒲生麻由(がもう まゆ)さん。この方は元モデルさんです。どうりでスタイルも良いはず。
おこがましいですが、ある理由で彼女には親近感を持っております・・・。別に全然大した理由じゃないですが。
話が進むにつれて香須実さんの出番が減っていったのが納得ゆかないところ・・・。

香須実・日菜佳姉妹好きだったなぁ。まぁ、初期響鬼で嫌いなキャラクターは全くいませんでしたね。
(後半は・・・、まぁ見ていた人なら分かるかと思いますが、「彼」がねぇ・・・。嫌われ者でしたねぇ・・・。演じていた役者さんはかわいそうですね。仕事だから仕方ないけども。)


・・・ていうか・・・この画像編集結構頑張ったのですが、後で気付きました。
ようつべ動画がありましたよ・・・。

これ見りゃ早いじゃん・・・。ごらんの通り、曲はインストです。「輝(かがやき)」という曲。当時着メロにしていたし、通勤電車でもよく聴いていました。懐かしい。
主旋の音は話ごとに変わります。ギターだったり、トランペットだったり、笛とかコーラスだったり。それも毎週楽しみだったなぁ。

細川茂樹目当てで見始めた響鬼だったけど、内容も私の中で大当たりでして、前半は面白すぎて1話につき3回くらい見てましたよ!
(でも後半は・・・以下略。ホントにマジでもったいないなぁ・・・。でも仕方ないですね。元々子供のための番組ですから。)


「仮面ライダー響鬼」。懐かしい気分に浸りながらこれから視聴します・・・。



貪欲に投票するお!(`ω′)
 人気ブログランキングへ

ブログランキング参加中。クリックにご協力お願いします。


結局地元の名物探しは5分で飽きてやめました。また今度。

それはさておき、最近響鬼の記事が続いたので、懲りずにその流れに乗り私の宝を紹介。

onkaku


「変身音叉 音角」!(「へんしんおんさ おんかく」!)
ヒビキさんが鬼(ライダー)に変身する際に使う道具です。変身ベルトの役割ですね。

実はこれ廉価版でして・・・。最近近所の中古おもちゃ屋で300円で購入しました・・・。
まぁ見るからに、ディスクアニマルが安っぽいですからね!!
でも、買ったばかりの頃は嬉しくて嬉しくて、ヒビキさんを真似て、変身ポーズごっこをしてました♪

hibiki03
※「変身ポーズごっこ」とは
←このポーズを、どの角度が一番カッコ良く見えるか黙々と鏡の前で研究する大人の遊びです。もちろん一人で。
良い子は真似しないでね!


本当は廉価版だけじゃなく、バンダイから出てる正規の音角も欲しいんですけどね・・・。
・・・え?響鬼見てたんなら、なぜ当時に買っておかなかったのかって?
・・・いやぁあの時分は私もうら若き乙女だったので、男児用おもちゃを持ってレジに並ぶ勇気がなかったのですよ・・・。

今はもうぜんぜん平気だけど!!(それもなんだか)

あぁ・・・、あの頃の私に言ってやりたい・・・。

「ちっぽけなプライドなんてクソ食らえじゃコンチクショォォォーーーッ!!」

・・・あらイヤだ。クソ食らえ、なんて。


hibiki01画像の隣に文字を書くことを覚えた、不肖わたくしサカキでございます。こんばんは。

探偵学園Qに、敬愛する細川氏が出てらっしゃったので、懐かしの響鬼ネタをご紹介(自分のために)。
画像は「仮面ライダー響鬼」放映時に流れていた、オロナミンCのCM・響鬼バージョンです!ヒビキさぁん!!


hibiki02このCMの細川さん(ヒビキさん)があまりにカッコ良かったので、録画したビデオを何度も何度も巻き戻して繰り返し見た記憶があります・・・。
男性が見てもカッコいいと思うCMではないでしょうか?
このCMを見てすぐに、オロナミンCを買いに走った響鬼ファンは、私だけではないはず・・・。

(2008/2/10 You-tube画像追加しました↓)