2007年09月

ここでは、2007年09月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




のろのろと進めている「東京魔人学園」。今日出てきた舞園さやかちゃんがかわいい!アイドルだそうなのでかわいいのは当たり前ですね。私は黒髪より茶髪が好きです。あぁかわいい。
でも・・・美里葵もそうなんですけど、性格がマトモすぎるのがちょっと・・・。なんかツマラナイんですよねぇ。

となるとトータルで考えるとやはり・・・

uramitsu01

ミサちゃん!!

私はやっぱりこの子が好きです。
黒髪だし、メガネ取ると美人とかそういう設定もないけどでもそんなの関係ない。
スポンサーサイト


今日も筋肉少女帯を聴いています。彼らの歌は聞き流せない。気付くと聴き入っています・・・。
「サンフランシスコ10イヤーズ・アフター」はどうにもやるせない気分になります。
こんなにやるせない気持ちになったのは初めてかもしれない・・・。でも聴いてしまう。やるせない。やるせない。
途中、なんかエヴァっぽくなりますが・・・、

「火をつけられて私は死んだのよ」
「焼け死んだのよ」「泣き死んだのよ」
「お前のせいだ!」「お前のせいだ!」「お前のせいだ!」
『あなたが責任を取ってください』

うわぁぁぁぁぁぁぁ!・・・とドーーーーーンと落ち込みます・・・。
エヴァより怖いし、責められてる感はハンパない。

しかしこの曲は名曲です。素晴らしい。歌でこれだけ表現できるとは。
「死」を題材にしていますし、決して元気付けられる曲ではありませんが、聴き終わった後は一本の映画を見終わったかのような感動を覚えます。
セリフも多いですし、絵のない、動きのない、音だけのミュージカルという感じでしょうか。この曲も8分近くあり、長いですが、やはり飽きません。

・・・あ、でもポジティブな人には全く訳の分からない歌かも・・・。



この前、私がよくピアノで弾くと書いた、「THE CAPE OF STORM」。映画「下弦の月~ラスト・クォーター」の主題歌です。
この映画で主人公・美月役を演じたのは栗山千明。これを見たのは彼女目当てでした。
栗山千明好きなんですよ。理由は、顔が綺麗からです・・・。

「THE CAPE OF STORM」のピアノバージョンは、作中で美月も弾いています。(サントラ収録されているバージョンとは違います。よって、私の持ってる譜面とも違う)
ピアノのシーンだけを器用に編集した動画を見つけましたが、音が小さいですね・・・。多少のネタバレがあるので、もしこれから初めて見る!って方は、残り15秒くらいのところで止めた方がいいかと。
この楽譜を見つけるのに、かなり苦労したなぁ・・・。

しかし、美しい・・・。この映画ははっきり言って私的にはこの子を見てるだけで満足なんですが、でもこれは内容も面白いです。(どっちだよ)
矢沢あい原作だけあって、ストーリーは観客を惹き込むだけのものを持っています。そして神秘的で、セットや映像・音楽も美しく、加えて栗山千明も美しい・・・。
美しいものが好きな方にはいいんじゃないでしょうか。私はこの映画、好きです。

どうでもいいですが、成宮寛貴が演ってる知己にいちいちイラっとくるのは私だけですかね・・・?
そうそうHYDEも出てますが、私には関係ないです・・・。
・・・「THE CAPE OF STORM」はHYDEの曲ですけどね・・・。

栗山千明ちゃんといえば、アイスの「和ごころ」のCMをやって・・・たっけ?まぁとにかくこの「和ごころ検定」はかなり難しかった・・・。私がものを知らないだけでしょうけど。
でもなんとか「和ごころ師範」の認定を受けましたぞ・・・!(ヒマだなぁ)



20070928_1.jpg

ごはぁっ!

まっくん!奥井さんだ奥井さんーーーー!!しょこたん☆ぶろぐに奥井雅美さんが!!
二人ともお互いのCDを持ってらっしゃる!なんたる2ショット!

そういえば近日発売される「Masami Life」(しょこたんが持ってるやつ)には、久々に矢吹氏の曲も入ってるそうですね。
奥井さんの最近をあまり知らない私にとっては、未だに「奥井雅美」といえば「矢吹俊郎」です・・・。

あ、そうだ、この前、奥井さんのアルバム「evolution」を借りてきて、まだあんまり聴いてない・・・。ていうかしょこかば×2もあんまり聴いてないや。
筋少ばかりでなくこちらも聴いて少しはポジティブになろう。


筋少アルバム『SUN FRANCISCO』には良曲がたくさん。この『僕の歌を総て君にやる』も好き。一見普通の曲っぽいですが、「どうも俺は長く生きてけないような気がするから」とか言ってるところになんか共感を覚えます・・・。
ギターソロも文句無しにいいですね!歌詞のはかなさと相まって泣けてきます・・・。ホントにいいな・・・。

大槻ケンヂは決して歌が上手いわけではないのですが、表現力は抜群です。こういう歌い方は嫌いだったはずの私も、グイグイ惹き込まれます・・・。こりゃオーケンの本を何冊か読んで、彼に多少なりとも感情移入してるってのもあるんですかねぇ。

この曲はサビしか良くないように聴こえますが・・・

♪さみしくてさみしくて 十六夜の
  闇の空で泣ける僕は
  セラピストにも月一度は会うし
  薬は常備三種類
  君のスカートにポケットはあるか?
  あるならホラ手出してごらん
  人を救うはずなのに 自分さえ
  救えやしない俺のさ 歌だよ

なんて本当に寂しいことを途中で歌っています・・・。
女性視点から言うと、この曲には男性の影(?)の部分の魅力が詰まっていますね。不器用で不安定だけれども、真っ直ぐで純粋な男の生き方に心を打たれます・・・。あ・・・涙が・・・。
私、弱い男は大嫌いなはずなんですけどね・・・。
それでも懸命にあがいてる感じが好きなのかもしれません。

空をかける一筋の流れ星のように生き、孤独な笑みを夕日に晒して背中で泣いてるダンディな男性とはまた違った魅力を感じます。(これはこれで非常にカッコイイのだが)

世の中「男の純情ラブソング」と呼ばれる歌はたくさんありますけど、これほど心を揺さぶられた曲はありません。
オーケンが歌うから揺さぶられるんでしょうね。その辺の何にも考えてないような男が歌っても、何も感じないでしょう。

なんか・・・最近の私は、一見筋少復活の波に乗っているように見えるかもしれませんが、彼らの歌を聴き始めたのは単なる偶然です・・・。
でも、復活の波に乗ってるってことにした方が、流行に敏感な感じがしていいですね。そういうことにしましょう。



貪欲に投票するお!(`ω′)
 人気ブログランキングへ

ブログランキング参加中。クリックにご協力お願いします。


ドラ記事の後に全く別ジャンルの話をしますが・・・。

この前、筋肉少女帯の「SUN FRANCISCO」というアルバムを借りました(そして2日延滞しました。わざとじゃないです)。
大槻ケンヂの本はエッセイを中心にかなり読んだのですが、今まで彼の曲は一度も聴いたことがありませんでした。
しかし、最近非常にうら寂しい気分なので、私の中でのうら寂しい代表のオーケンの曲をぜひとも聴きたくなったのです。

これまで自分は「普通の歌」が好きなんだと思っていましたが(最近の若人の曲は「普通の歌」ではないと思っています)、そうでもないということに、これを聴いて、気づいた!!

このアルバムの中で今のところ特に私が好きなのは、「221B戦記」と「サーチライト」。どちらも全っっ然普通の歌ではないですが、もう、軽く中毒のように聴きまくっています・・・。


(↑2007/11/24 「221B戦記」You-Tube動画貼りましたので、以下の記事も分かりやすいかと思います・・・。)

筋少の曲はセリフというか、語りが多いです。そういう曲も自分は好きじゃないと思ってたんですが・・・。

(221B戦記より)
「少年の頃、あなたテレビを見なかったの?」
「見ました」
「思い出して、彼らはリアルな悲しみの時にどうした?
 愛するものと別れ行く時彼らはどうした?答えて!」
「フランダースの犬はその時、総てを受け入れた」
「ならばあなたもそうすればいい、それをしなさい!」

す 、 す げ え !!

なんだこれ!なんていうかすごい。自分の表現力のなさにあきれるが、とにかく言ってることがすごいと思う。

この部分のセリフは当時の売れっ子声優・宮村優子とオーケンの掛け合いです。掛け合いというか、テンションがまるで違いますが(それがいい)。
この後、水木一郎のボーカルが入ります(!)。ちなみに、上記は2番の詞で、1番は神谷明との掛け合いです。
「いかにもアニメ」という雰囲気を上手く利用している曲だと思います。

このアルバムを全て聴いて、未だに熱狂的な筋少信者がいるわけが分かりました。復活おめでとうございます。

なんか・・・私の知りたいことは全て筋少の曲の中にあるのでは?という気すらしています・・・。



貪欲に投票するお!(`ω′)
 人気ブログランキングへ

ブログランキング参加中。クリックにご協力お願いします。


maki01.jpgごっちん、誕生日おめでとう!!
・・・というわけで、今日はハロプロメンバーの後藤真希ちゃんの誕生日です。
ハロヲタじゃなくてもこの子は知ってるかと思います。
ごっちんがモー娘。在籍時には、私は何を隠そうこの子がハロプロ一番の推しメンでした。・・・まぁ当時としては珍しくないかと思います。あの頃は娘。全盛期でしたからね・・・。
ごっちん卒業の際には、ゴールデンの2時間枠で「後藤真希卒業SP」なる番組が放映されたくらいです。
こんなメンバーは後にも先にも彼女一人でしょうね。
この番組は私もきっちり録画して、今でもビデオ残ってます。

最近ニューアルバム「How to use SEXY」が発売されたようです。『転機となった「ガラスのパンプス」を含む、2年ぶりのアルバム』(ハロプロ公式サイトより)だそうですが・・・。
「転機」って・・・。昔のファンならみんな思ってると思うんですが、最近のごっちんの路線は間違ってるでしょ・・・。

maki_aya.jpgこの頃は可愛かった・・・。あややも可愛いですね。「ごまっとう」のときです。
ごっちんの良さは色気だけじゃないと思うんですよ。肉体美は認めますがそれを前へ前へ出していくのは彼女には相応しくない。
一体誰の意向なんでしょう・・・。ちょっと前からのハロプロ全体に言えることですが、「セクシー」を意識しすぎじゃないですか・・・?

「エロカワ」なんて言葉が流行ってますが・・・。それはハロプロの担当じゃないでしょう。エイベックスのあの人がいますから、聞き手は二番煎じなんかさほど興味持ちませんよ。
ヲタ受けは・・・どうなんでしょう・・・。私は女なのでよく分かりませんけど・・・。
ハロメンには、あくまで「正統派アイドル」でいてほしいと思うのは私だけでしょうか・・・?

なんかごっちん誕生日と全く関係ない話ばかりでしたが、最近の彼女があんまり痛々しかったので、元ファンとして一言言いたくなりました。
まぁ私がここでごちゃごちゃ言ってもなんにもなりませんけども。

とにかく、ごっちんの22歳が素敵なものでありますように!


昨日の「アメトーク」でドラえもん特集やってましたね。感動して泣きました。

だからってわけじゃありませんが、買っちゃいましたよ「ドラえもん映画主題歌集」のCD!
この前あんなことがあったので、武田鉄矢の歌がもっと聴きたくなりました。
で・・・やっぱドラえもんの歌でしょ!ってことで、アマゾンで購入。一体最近何回アマゾンでCD注文してるんだろう。あちらさんも、「まとめて買えよ」とか思ってるに違いない・・・。

このCDを買ったのは主にこの「雲がゆくのは」目当てでした。私の持ってるドラ25周年のCDには入ってませんし、近くでレンタルされてる武田鉄矢のCDにも入ってないんですよ・・・。
でも、このCDは思ったとおり、買い!でした。
ドラ映画主題歌の中で、武田鉄矢、海援隊、武田鉄矢一座のものを集めている、この上なく素晴らしいCD。
全ての曲がイイ!!!泣きました。一体何回泣いてるんだという感じですが、鉄矢を聞いて泣かないわけがないでしょう!

♪涙ふくハンカチの色をした 雲が北へと流れてゆく
  きっとどこか遠い国で僕よりつらい 心の人がいるのだろう
  おーい雲よ僕はいい我慢できるよ その人の瞳に浮かんでくれ
  おーい雲よ涙をふいてあげたら その人の瞳は空の色だろう

うっうっ。なんて優しい歌なんだろう。詞も、武田鉄矢の歌声も優しい。
世の中にはもっとつらい人がいるんだから自分はまだマシだ、で終わるのではなく、自分はいいからその誰かが救われるようにと願う、その心!脱帽。

鉄矢すばらしい。TETSUYA最高。

・・・TETSUYAとTSUTAYAは似ている・・・。


しかし、こうしてドラえもんの映画を見たり、CDなどを聴いたりしていていつも思うのですが、世界中の人がドラえもんを見たら、戦争はなくなるんじゃないか・・・。

う~ん、我ながら、甘い!!
なんてったって「戦争を知らない子供たち」ですから・・・。

でも、ドラえもんのあの、まるっとした体やさわやかな青色を見たら、穏やか~な気持ちになりませんか・・・?そして、のぶ代の声を聞いたら・・・(私の中で未だにドラはのぶ代さんです)。

青空の色はドラえもんの色です。
真っ白な雲はドラえもんの白い部分(うまい表現が見つからない。顔とかお腹とか手足のことです)。
嫌なことやつらいことがあったら空を見上げて、ドラえもんを思い出しましょう。
そして、いつか私も、他人を思いやれる心が持てたらいいなぁ。



クリックで革命が…?
 にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ

ブログランキング参加中。クリックにご協力お願いします。



弟のビデオ段ボール箱からわざわざ探し出してきました。

20070918_1同窓会へようこそ ~遅すぎた夏の帰郷~」。
加藤あいの人気が出始めた頃の、TBSの単発ドラマです。これ、1999年の作品なんですねぇ。
一体何度見たことでしょう・・・。面白いと言うより、印象深い作品だと思います。
主演は豊川悦司と加藤あい。

あらすじは簡単に言うと、主人公(トヨエツ)が高卒後20年ぶりに故郷の倉敷に帰り、地元に残してきたまま音信不通になってしまった、当時の恋人にそっくりな少女(加藤あい)と出会う。そこで繰り広げられるさまざまな不思議な出来事・・・という感じでしょうか。

相変わらずはしょりすぎ・・・。

しかも「さまざまな不思議な出来事」って言い方、ちょっと俗っぽくて違うかなぁ。
しかし誰も住所を知らないはずの主人公の元に、20年ぶりに同窓会名簿が送られてきたりするんですよ。果たして、それを送ったのは・・・?

それはさておき、

ai03この作品は、加藤あいの魅力無しには語れません。
たまにこのような8ミリの映像が流れます。8ミリでも美しいあいちゃん。
この中で、あいちゃん(昔の恋人)は主人公に何かを話しかけているのですが、8ミリなので無音のため、なんて言っているか分かりません。
主人公は必死に思い出そうとしますが・・・。
最後の最後で、やっとなんて言っていたかが分かるのです。

その言葉が・・・全部分かってからだと・・・切ねぇよ・・・!!(泣)

それにしてもあいちゃんはセーラー服がよく似合います。

ai05
いつかの写真集から(「制服コレクション」みたいな感じの・・・)。これも・・・よく似合っていますが・・・、髪が茶色いのがちょっと・・・。
やっぱセーラー服には黒髪じゃなかろうか。
ブレザーなら茶髪でもいい気がするが、セーラー服は黒髪でしょう。
そしてあたしゃブレザーよりセーラー服派だ。
私自身は学生時代ずっとブレザーだったので、無駄に憧れてるってのもあります。セーラー服着たかった。だってセーラームーン世代ですもの。


ai04「もっと一緒にいたいのに・・・。夕日、沈まなければいいのに・・・」

私の中で印象的なシーン。う、美しい・・・!主人公の回想シーンでのあいちゃん。二人でよく夕日を見に行ってたんですね。
このセリフは最強の殺し文句だと思います。・・・が、大人が言っても、現代の女子高生が言っても全然効果ないですね・・・。当時だからこそ。そして美しいあいちゃんだからこそ・・・。

しかし・・・前も書きましたが、この頃の彼女の透明感って言ったらない。純粋無垢とはこのことか。さらにこの作品に関しては神聖さすら感じます。神懸かってます・・・
当時の加藤あいには、歴代ハロメンも誰一人として敵わないと思います・・・。

なんか・・・今気づいたんですが・・・、この作品、私の中で加藤あいによってかなり美化されているのかもしれません・・・。そしてさらに、私の中の「故郷」も相~当に美化されていました・・・。

いや・・・でも、最近見てもやっぱり良かったから、この作品はイイ!
東京で一人暮らしをしている間も、レンタルショップで何度も借りて見てました。
で、絶対泣くのが・・・

20070918_2ここ!これ!(泣)
エンディングの中で、今は亡き主人公の父親(峰岸徹)が大学進学のため上京する息子を駅のホームで見送るシーン。
ここのセリフが・・・また・・・(大泣)。
ホントにこれ何回も見たんですけど、私はこのシーンで絶対確実に声を上げて大号泣します。
ここは男性でも泣くんじゃなかろうか。男性だからこそ・・・。

そしてまたテーマソングである、ガーデンズの「エンドレスサマー」が本当によく合ってるんですよ!この作品を見た次の日、出勤時にこの曲を聴くとさっきの駅での親父のシーンを思い出し、よく電車の中で涙ぐんでました・・・。

いやぁ本当にこの作品はイイです。倉敷の街並みも美しくノスタルジック。
キャスト陣も何気に充実していますし・・・。
それから特に、故郷が遠くにある方におすすめ!

ふるさとが美化されるであろうこと間違いなし!!・・・たぶんそれくらいがちょうどいいんですよ・・・。

「ふるさとは、遠くにありて思うもの」って室生犀星も言ってますし・・・。

ちなみに、弟が書いたこのビデオの手書きのインデックスには・・・
「加藤あい 保存版」(そしてご丁寧に「標準モード」というシールが貼ってある・・・。おかげでキレイに見れました)
当時彼は中学生だったのだが・・・。弟よ、お前の感性は間違っていない・・・。


さっきのまつげ事件にびっくりしたあと、ポストを見たら、
しょこたん☆かばー×2が届いていましたよ!!
う~ん、今回は早いですね!
shokokaba01というわけで、「しょこたん☆かばー×2~アニソンに愛を込めて!!~」です。
ブックレットがキラキラしていてギザカワユス。さっそく通して聴いてみました。

まず1曲目の「1/2」の良さはもう語ったのでパス。(早)

2曲目は「輪舞-revolution-」。これは、原曲を歌っている奥井雅美さんが大好きなので、期待半分不安半分といった感じだったのですが、聴いたらこれはこれなりに良かった!
うまく言えないのですが・・・、奥井さんが中島みゆきだとしたら、しょこたんは工藤静香。・・・どんな例えだよ!!でも二人とも同じ曲を歌っても、どちらもそれぞれにない良さがあるでしょ?そういう感じです。

3曲目「Catch You Catch Me 」と4曲目「テレポーテーション-恋の未確認-」どっちも可愛らしい曲。うん、可愛いのですが・・・。でも何度も言ってますけど、しょこたんはこういうかわいかわいした曲より、ちょっと激しい曲の方がいいんだよなぁ・・・。

で、5曲目「ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~」。

・・・・・・・イイ!!

この曲初めて聴いたけどいい曲だな。今回のアルバムの中で一番いいかも。しょこたんは声が綺麗ですね・・・。
そういえば前回のしょこかばも、最初は「ロマンティックあげるよ」目当てで買ったんですが、聴いてみたら最後の曲の「青春」が一番良かったし・・・。バラードもいけますね。

よし、もっと聴き込むぞ。DVDの方は後ほど見ます。

しかし・・・この子は明るいですね。ブフゥ!!まつげが1/2って!!(笑)
芸能人は大変ですね。つらくても笑ってなくちゃいけませんから。