2008年07月

ここでは、2008年07月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「なぁ、ゼルガディスさんよ。・・・最近、俺たちの出番がやけに多いとは思わないか?」

「お前も気付いたか・・・。・・・おそらく、目立ったテンションの上がり下がりなく、淡々と話を進められる俺たちは、管理人にとって実に使い勝手の良い存在なんだろうな」

「ちょっとぉっ!なんでむさ苦しい男連中が好まれて、美少女天才魔導士のあたしの出番が少なくなってるわけ!?責任者呼びなさいよっ!!」

「リ、リナさん落ち着いて!」

「消しちゃる・・・!あたしの出番がないこんなブログ、ブースト版のドラグ・スレイブで消しちゃる・・・!!」

「リナさぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!」

「・・・・・・というような一連の流れを書くのが結構疲れるんだそうだ」

「分かる、分かるぞ。たまにツッコミを入れなきゃいけない俺たちも一苦労だからな」

「それから関係ないが・・・、先ほど『びしょうじょてんさいまどうし』と入力した際、初めに『美少女天才窓牛』と変換されたとか・・・」

「ほう、ずいぶんと空気の読めるPCじゃないか」

「確かに!リナさんなら牛の如く胃袋が4つあってもおかしくはないですもんね!」

「お~ま~え~ら~!!」

「はっ!ごめんなさいごめんなさい!」

「まぁまぁリナ、落ち着け、そしてよく見ろ。『美少女天才窓牛』。・・・ただの牛ではない。美少女で天才とついているぞ。つまり、非常に特別な牛なのだ。(特上カルビ的な意味で)」

「・・・あら、そういえばそうね」

「それならいいのか・・・?・・・というか俺的には『窓』が気になるんだが・・・」

「うむ・・・。『窓』とはおそらくWindowsのことじゃないか?つまり、『美少女天才窓牛』とはすなわちパソコン上で大暴れする特上牛・・・」

「これに出くわすとファイルを残さず食われるのか」

「そしてこのウィルスを防ぐにはMacを使用すればいいということですね」

「相手が特上牛だけに、まさに食うか食われるかの戦いだな」

「ちょっとちょっとちょっと!一体なんの話になってんのよ!ツッコミが必要なのはあんたらの方だわ!」

「ボケとツッコミ。この二つをうまく使い分けることにより、こうやって互いの均衡が保たれているわけだ。・・・おや、そういえばボケることしかできないガウリイさんが見当たらんようだが・・・」

「確かに、今回は私たちスレイヤーズ主要キャラの中で、ガウリイさんだけ出てきてないですね」

「今回は、っていうより、最近全然出てないじゃない・・・。まぁ、ボケしかできないから使いづらいって理由でしょうね」

「あいつが出てきたら総動員でツッコまなければならなくなるしな。それに何よりボケさせるネタもない。・・・もう・・・このブログであいつの顔を見ることはないかもしれんな・・・」

「さよならガウリイさん・・・。お元気で・・・」







「今北産業~」






『ズコーーーーーーーー』



「図工?みんなで何作ってたんだ?」

「来ちゃいましたね・・・空気の読めない人が・・・」

「なぁなぁそれより、さっきちょっと聞こえたんだが、『美少女天才窓牛』ってウマいのか?」

「・・・お前にも分かるように3行で説明すると、

エアーリーディング
特上
大暴れ
 
・・・といったところだな」

「大暴れ?元は闘牛だったのか!そいつは期待できるな!・・・でもエアーリーディングってなんだ?牛肉メーカーか?」

「あなたができないことですよ・・・。それからゼルガディスさんよ、Windowsが抜けているぞ」

「大食いとウィルスもですね」

「あんたらいいかげんにしろぉぉぉぉぉぉっ!!」

「・・・収拾がつかなくなってきたのでこれにて終了だな」

「またの御アクセスをお待ちしております」

「勝手に話を終わらせるなぁぁぁぁぁぁっ!」

「早く窓牛食いに行こうぜ~」



~ F i n ~
スポンサーサイト




今日さぽているのあいを見たらはっぴを着てて吹いた。
どうやらアルポータル2周年記念のコスチュームらしいです。
「2周年祭はっぴ」。全プレ的な特典ですね。

ていうか・・・ふんどし自重(笑)。

まぁこれはこれでコレクションとして取っておこうと思うんですが、かわいくないので着替えさせることにしました。



ムーンプリズムパワー!めーいくあpp(略)

ジャーン。新しく紡いだ衣装一着目。
「モガスタイル」という衣装。う~んハイカラ!
ちなみに「モガ」ってのは「モダンガール」の略・・・ということを小2のとき「アレサⅢ」というGBをやって知りました。「モボ」(モダンボーイ)という言葉もあるらしいよ!関係ないけど!

話を元に戻して。この服、かわいいですよね。色合いとか。
とりあえず当分これを着せておくつもり。
ちなみに今は詩よりも衣装を優先して作っている感じです。ビジュアル重視なので・・・。

しかしこれ、結構楽しいですね・・・。
なんかそのうち、あい専用のページとか作りそう・・・。ていうか絶対作るんだろう。
衣装が集まってきたら画像を並べたりして色々まとめる予定。

データをまとめるの、好きです・・・。


ブログパーツ・さぽているの「あい」を別館からお引越しさせました。
またブログパーツかよ!と思われるかもしれませんが、もともとは別館だけに設置する予定だったのですよ。
しかし、別館はパス制のため、すぐにさぽている本家ページからのリンク切れによるサービス停止状態になってしまい、ログインする際登録情報の再設定が必要だったりと、とてもめんどくさくて・・・。

それに何より!別館に置いておくにはもったいないほど素晴らしいパーツなのです。
しゃべるセリフを自分で書き換えられるんですぜ?
なので張り切って会話作成してしまいました。やっとまぁまぁ完成したよ・・・ゼイハア。
慣れれば簡単なんですけど、タグを理解するのにちょっと時間かかりました・・・。

そんな感じで、あいには簡単にですがサイト説明もちょっとだけさせてます。
まぁ、左サイドバーのメニュー項目があれば他にはいらないだろって感じですけど、オマケみたいな感じで・・・。

とにかく便利な子なので管理人補佐に決定!
雑談やらなんやらは、上から2番目のアイコンでできます。お暇な方は、遊んでやってくださいね。

ちなみにこのさぽている、育てると着替えられたり、ゲーム「アルトネリコ」の音楽を再生できたりするらしいんですが、会話タグ打ちに夢中だったので、そのへんはまだです・・・。

さらに色々できるようになったら、また記事に書きますので・・・。


「もう金曜日か。時間が経つのは早いな」

「先週の『となりのトトロ』は面白かったな。やはりあれは何度見ても名作だ」

「ああ、あのキュウリがやたらうまそうに見えるアニメか。それなら俺も見たぞ。・・・あれを見る度にキュウリが食べたくなり、すぐに自分も真似て生で食べてみるんだが、その後なんというか・・・いつもとても残念な気分になる」

「あるある。やはりドレッシングなしはつらい。・・・なんであんなにうまそうに見えるのか・・・恐るべし宮崎マジック」


「最近やっとゼノギアスのプレイを再開したんだ・・・」

「ほう、『暗いゲームをやる気分じゃない』という理由で君のぞと共に長らくプレイ中止状態だったが、やっと再開したか」

「もうすぐDISC2だ。缶詰工場のシーンは軽くトラウマだな。主人公たちが食べた缶詰の正体を、あんな形で明かすとは、全くシタン先生も人が悪い」

「自分だけ食べていなかったからな。これはなんという確信犯・・・」

「そういうグロテスクな話より・・・、シタン先生のいい男っぷりについて話し合いませんか?」

「古泉・・・、人がせっかく和やかに話を進めているのに、なぜこんなところまで来てガチホモフラグを立てたがる・・・」

「シタン先生のあのカッコよさは異常です。妻子ある身とは知っていますが、2番目でいい、ぜひともこの私を愛人に・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「・・・と管理人さんが言ってました」

「ズコーーー」

「管理人はかなりのシタン先生推しだからな。パーティメンバーからも出来うる限り外すことはない。その上装備・ギア整備共に、主人公より優先し常に最強にしてある」

「装備の件を差し引いても、攻撃・回復などほぼなんでもいけるキャラなので、かなり頼れるメンバーですよね」

「しかしながら最近はその均衡が崩れてきたらしいぞ。シタン先生推しであることには変わりないし、かなり使えるキャラでもあるんだが、最強整備のヘイムダルよりも新キャラのギアの方がめちゃくちゃ強いんで、最近のギアでのボス戦はやむを得ず彼は外される傾向にあるとのことだ」

「マリアのゼプツェンの強さは異常ですからね。まぁ新ギアの装備は、その時点で買える最高の物よりも、さらに良い物が装備されていますから、今のところは強くて当然なんですがね」

「そんな理由でシタン先生とは最近少々疎遠気味だったが、現在プレイ中のソラリス侵入シナリオでは、イベント上彼はパーティ強制参加のため、かなり長い間共に行動することが出来、管理人としては万々歳というわけだな」

「ギア戦もなく今のところはまぁまぁ楽勝だ。当然、強制参加であるシタン先生のイベントもかなりあったな。次々と明かされる衝撃の新事実・・・!・・・それはいいんだが・・・、各イベントが・・・とても長い・・・」

「しかし最近のゲームとは違ってイベントはフルボイスムービーなどではなく、基本的にセリフを○ボタンで進めていくタイプですから、自分のペースで進められますよ」

「そこがレトロゲームのいいところだな。合間にジュースを汲みに行けるしトイレにも行ける」

「PSソフトでもレトロゲームと呼ばれる時代になったか・・・。・・・というか・・・、今さらだがこんなまったりとした会話を繰り広げていていいものか・・・」

「・・・そういえば昨晩また大きな地震がありましたね。管理人の住んでいる地域でもかなり揺れたとのことですよ」

「ゲームなんてしている場合かと突っ込まれそうだが、死ぬ前に一本でも多く名作と呼ばれるゲームソフトをクリアしてやる、というのが管理人及び俺のモットーだ」

「最近は何かと物騒な世の中だからな。その上天災ともなるとこれはもうどうしようもない、抗えん。黙って死を待つよりも、少しでも悔いが残らないよう常日頃から考えて行動するのが得策だ」

「・・・と偉そうに言ってますが、死んでも死ななくてもゲームはやめられない、ということですね」

「それが俺の生きる道だ」



テンプレートの雰囲気をちょっと変えてみました。
TOP画像も久々に変更。

なんだかカオスな感じ・・・。


「正直何がしたいんだかよく分かんない画像ね」

「そもそも前に、TOP画像にアニメキャラは使わない、って言ってませんでしたっけ?」

「どうやら気が変わったってことみたいよ」



いやあ、ハロプロとアニメの融合は難しいですなぁ。
何も考えないで亀ちゃんの背景にはハルヒ、ハルヒの背景は娘。にしたんですが、やっぱりそれぞれパキっと分けてアレした方が良かったかなぁ。でもバランスを考えるとこっちの方がいいような気がするんだよなぁ。
ドットのフィルターっぽいのももう少し薄くすれば良かったかなぁ。いやいやでもそうなると主張しすぎる画像になっちゃいそうだしなぁ。



「それ以上言うと細かい上に優柔不断な人だと思われるでしょうから、やめた方がいいですよ」

「でも細かいようで『それぞれパキっと分けてアレした方が』とか、これだけじゃちょっと分かんないような適当な表現も使ってるわね・・・」



上手く表現ができない。考えるのもめんどくさい・・・。



「どっちにしろ、画像には私も映ってるんだから、いつもみたいにすぐに変更したりしたら死刑だからっ!」



そ、それは異議あり!!



「でも、テンプレートの背景色やTOP画像はよく変えるのに、左右カラム・記事部分の色なんかは変更しないのね」

「その部分を変えるのはめんどくさいのだ。変えたことはないが、なんかとにかくめんどくさそうなんだ」

「完全に予想の域を出ませんが、SSCを大体10箇所くらい書き換えることになるかと思います」

「それくらいちょちょいって片付けちゃえばいいのに(ドラグ・スレイブで)」

「・・・いや、意味が分からないし笑えない」

「キョン、ちゃちゃっとやっちゃいなさいよ!」

「なんで俺なんだ!んなもん管理人に頼め、管理人に!」



まぁそのあたりはいつか、いつか気が向いたらいじるとして・・・。
記事タイトルのリストマークみたいなのは変更しましたよ。

これ。「しゅごキャラ!」の主人公・日奈森亜夢ちゃんです。
こちらからお借りしました。他のアニメキャラのアイコンもたくさんあってオススメです。
下のあむちゃんのアイコンもダウンロードさせていただきました。



~あむちゃん初登場~
icon_amu004.jpg「て、ていうかブログとかキョーミないし!あたしのキャラじゃないし!」

「あむちゃん、初登場で緊張しちゃってるみたいですね」

「き、キンチョーなんてしてないから!ただちょっと待ち時間が長くて足が痺れただけだから!」

「(・・・いや、意味が分からないし笑えな(ry )」

「ちょっと扱いづらそうなキャラね・・・」

「でも、こういうギャグキャラっていうかギャグ顔は意外と重宝すると思うわよ」

「(・・・はっ!ギャグキャラ・・・?もしかしてそれがあたしのホントのキャラ・・・ホントのじぶん・・・?)」

「・・・彼女が何かに気付き始めたところで、これにて終了だ」

「これから一体どうなることやら・・・」



アイコンもどきを作ってみました。


「管理人さん曰く、これからはこんな感じでアイコンもどきを使って、たまに記事中にアニメキャラを登場させる予定とのことです」

「まぁあたしたちはこれまでも数回、加工なしのキャプチャー画で登場したりしてたから、これからもヨロシク!ってとこね」

「でも管理人のやつ、どうして急に本格的にキャラ記事書こうなんて思ったのかしら」

「そりゃ、最近更新回数が激減、その上正直マンネリ感が否めないこのブログを、閉鎖という事態に陥る前に気分的にちょっとでも盛り上げようという管理人の浅はかな考え・・・」

「キョン君、禁則事項です☆」



それに、重くなろうが画像の多い記事が大好きですからね~。
たくさん画像があっても、サイズが揃っていれば見た目もすっきりしますし。



「・・・と管理人さんは言い訳めいたことをいってますが、正直私たちの出番が増えるのは嬉しいですね♪」

「そうよっ!特にあたしたちなんて随分長いこと『なつかしのアニメキャラ』扱いで、出番なんてとーんとなかったんだから、今年は各所で暴れまくってやるわよぉぉぉぉぉっ!!」



・・・。そんな感じで見て分かるとおりキャラクターはスレイヤーズとハルヒがメイン。
オサーンにもゆとryにも優しい設計です。



「もちろん、それ以外の方にも楽しんでほしいです♪」



まぁ管理人の世代的にスレイヤーズがかなり大めですけど。
・・・はっ!ということは私もオサーン・・・

・・・ま、まぁそれよりも、今までキャラ記事書く際かなり使えた(使った)キャプチャー画を振り返ってみると・・・。
















「一番上の俺の画像は使い勝手が良すぎるな。だるいというかゆるいというかめんどくせ!というか、とにかく管理人の性格によく合っている」

「ベルばらのガビーン!って感じの画像も結構使ってたわね」

「あれはかなりインパクト大だから、たぶんこれからも使うでしょうね、管理人の好み的にも・・・」



そういうわけで今年の画像MVPはこの2枚に決まり!おめでとー!

☆MVP賞☆







「な、なんというか、それぞれ激しく対極に位置する画像だな・・・」

「そして、それぞれがこのブログの内容を象徴する画像だということですね、わかります!」

「分かるかぁぁっ!!」



つ、つまりだな、人生楽ありゃ苦もあるさ、ということですよ!

しかしブログ内容や更新回数いかんについてはこっち↓な感じでよろ~。





ここでお知らせ。


「すっかり忘れてたけど、このブログ、そろそろ全てのブログランキングから抜けるわよ」

「大体一週間前後で登録削除する予定ですので、いつもランキングから見に来てくださっている方がいらっしゃいましたら、ブックマーク的なことをしてくださると嬉しいです」



少々面倒ですが、よろしくお願いします!


なんかすごい流行ってるらしいこの曲。


ランカ・リー=中島愛「星間飛行」

いわゆるベタベタなアイドルソング。しかし、作曲は菅野よう子、そして作詞はなんと松本隆(松田聖子の曲をたくさん書いてる人)!こりゃすげぇ。
私はアイドルが好きなんでもちろんこういうアイドルソングも好きなんですが、個人的にはもう少し速いテンポのものが好きかなぁ。まぁ完全に好みの問題。
でもこれ歩くテンポと一緒っぽいから、散歩に向いていそうだ(なんじゃそりゃ)。

この曲、「マクロスF」の挿入歌だそうで、使われてるシーンをちょっと見てみたんですが、マクロスシリーズを一度も見たことのない私はポカーンって感じでした・・・。まぁアニメだしいいんじゃないかな・・・。
自分としてはやっぱアイドルは二次元より三次元。


ちなみにOPの「トライアングラー」もいいですよね。私はこっちの方が好きかなぁ。
全体的にすごく菅野よう子っぽいです。
坂本真綾とのコンビってたぶんかなり久々のはず・・・。


菅野さんの曲は特にサビが覚えやすくてすごくいい。
今回の「星間飛行」なんて脳内リピート率が相当高くて、気付けば鼻ずさんでます・・・。


これいい。

「MELTING - neko 本場英語メルト」

初音ミクオリジナル曲「メルト」の英語バージョン。詞はアメリカ人の方が作ったもののようです。
これを歌っているnekoさん自身が英詞をつけたバージョンもあるんですが、こちらの歌い方の方が好きなので、こっちを貼り。

黄色の人の訳にばかり目が行きがちですが(GJ!)、歌これ超カッコよすぎて死んじゃいそうだあああああ!!
ファンになりますた。高音質MP3希望!とりあえず自分で抽出しとこう・・・。


しかしこのブログで何回メルト貼ってるんだろう。トップページの「今日のYouTube」にも貼ったし(また貼ろう)、記事にも書いたなぁ。
その記事にも書いたけど、メルトはミクより人が歌った方が好き。男性用にキー上げしたバージョンはなんかテンション上がります。女性バージョンより好きかも。
しかしガゼルさんのメルトは今でも死ぬほど聴いております!いろんなCD、MDに入れていつでも聴けるようにしてます。


あ、そうそう、ちなみに上のnekoさんメルトのバックのベースを弾いているのは私の師匠(勝手に師匠)のティッシュ姫!
ていうかメルトのベース難しすぎだ。Bメロからもう弾けない・・・。スライドありすぎて指が焼けそうだマジで。
初心者にはキツいので、方向を変えて「ハレ晴レユカイ」を練習することにしました。

つーかさ・・・、もうちょっと普通の曲練習しようよ・・・。

と、私の中のもう一人の人格がため息をついてるが、メインの人格の私としては「J-POP?なにそれおいしいの?」的な感じであり、心の声に逆らうかの如くついカッとなってアニソンのTAB譜ばかりプリントしてしまった。でも後悔はしていない。(今のところは)