2008年08月

ここでは、2008年08月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「フンフンフフ~ン♪フフフンフンフフ~ン♪」

「どうしたのです?キョン君。鼻歌など鼻ずさんで」

「PSPでお気に入りのMADを見てるんだ。買って間もないPSP、ゲームをするより動画を見ることのほうが多くてなぁ」

「PSPは液晶画面がウリですからね」

「ああ。お前もオススメのMADがあったら教えてくれ」

「・・・いいMADがある」


「こんなに近くで・・・ (長門ver.)」



「これは・・・神MADですよね。非の打ち所がない」

「ブログに貼ると歌詞職人の神技が崩れてしまうのが残念。ニコニコのアカを持っているのなら、ぜひ入って見るべき」

「こ、これは泣ける・・・。俺がとてもいい味を出しているなぁ・・・」

「・・・あなたじゃない。私」

「いや俺だ」

YUKI.N>また図書館に_

「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉん!(泣)」

「その顔で泣かれても・・・。ところで、この『こんなに近くで・・・』には他にもみくるver.や、そして・・・僕とキョン君のバージョンもあるのをご存知ですか?」


「こんなに近くで・・・ (みくるver.)」

YouTube
http://jp.youtube.com/watch?v=NADU9ANc1d0&fmt=18


こっちはYouTubeになかったので。
「こんなに近くで・・・ (古泉⇔キョンver.)」



「朝比奈さんver.は分かるんだが、俺と古泉ver.ってのは一体・・・」

「しかしこれは良いMAD。腐属性のないはずの管理人も、これを見て涙ぐんでいた」

「マ、マジかよ!」

「キョン君、心が腐っているのではないですか?こういうものは、もっと純粋な心で見るべきです」

「そ、そうか・・・(え?そんなに俺が悪いの?)」

「・・・あとは・・・、僕が大号泣したのはコレですね。ハンカチの用意をお忘れなく・・・」


「帰らぬ日々よ」

YouTube
http://jp.youtube.com/watch?v=vqJXutXyzzE&fmt=18


「・・・確かにハンカチ必須だが・・・お、俺が、死んでいるじゃないか・・・」

「日本人は悲恋が好き」

「みなさんの感動と引き換えに、キョン君には死んでもらうしか・・・」

「うおぉぉぉぉぉい!俺は生きている!生きているからな!」

「まぁ、MADですから。・・・それにしてもキョン君はどこへ行っても大人気ですね」

「そしてこのブログでの顔とは大違い・・・」

「ふっ、モテる男はツラいのぅ・・・。・・・しかし、MAD職人ってのはすごいよな。俺には絶対こんなの作れないぜ」

「ええ全く。みなさんもMADを見る際は、作った人に感謝しながら見てくださいね」

「それが最低限のマナー」
スポンサーサイト


「最近、ゼノギアスをプレイしていないなぁ。言い訳ではないが、なんとなくクリアしてしまうのが寂しい気がしてな」

「シタン先生に会えなくなるのが寂しいというわけですね、わかります」

「いや、残念ながらそういう意味では・・・」

「お約束の流れだな。・・・ところで今回は、管理人がゼノギアスで好きな曲を紹介するというコーナーらしいぞ」

「ゼノギアスの曲は神ですからね。なんてったって作曲を手掛けているのは光田康典氏です」

「うおぉぉぉ光田さん!クロノ・クロスのサウンドは最高!」

「確かデビュー作がクロノ・トリガーなんだよな」

「デビュー作であのクオリティとは、まさに作曲家になるべくして生まれてきた御方ですよね」

「うむ全くだ。・・・というわけで早速管理人の好きな光田サウンド(ゼノギアス編)を紹介していくぞ」


『遠い約束』



「こ、これは!シタン先生の家にある古代のオルゴールの音色ですねシタン先生の家にある!!(大事なことなので2回言いました)」

「・・・なんかもう慣れてきたよ、この流れ」

「話を進めるぞ・・・。この曲はシタン先生の家以外でも、物語の要所要所で流れる曲だな」

「なんと美しく、それでいてあたたかさと切なさが入り混じった繊細な旋律・・・。実はこれ、俺の目覚まし曲だったりする。聴く度にちょっと切ない気分になるがな・・・」

音楽というのは不思議なものですね・・・。時に人の思いもよらぬものまで呼びさましてしまう。忘れかけていた、さまざまな想い、感情、持ちえぬ記憶・・・。聞く者がそれを望もうと望むまいと、ね・・・

「ああ。これを聴くと、切ないんだけどすごく懐かしいような、そんな不思議な気持ちになるよなぁ」

それはきっとあなたのなかで、この曲が好きだった、遠い昔の誰かが生きているからですよ・・・

この曲を聞いて時に励まされ、時に泣いたりしていたのでしょう。遠い昔の人たちも、きっと・・・

「・・・・・・・・・・・緑字はすべてシタン先生のセリフの引用なわけだが・・・、まさかお前それ、わざわざメモってきたのか?」

「当たり前じゃないですか。本当ならば戦闘中の掛け声含め、先生の全てのセリフをメモりたいくらいです」

「ヤバ・・・」


・・・次の曲。『飛翔』



「これはまた人気のある曲だな。ゼノギではこの曲が一番と推す者も多い」

「そしてこの曲はマリアのためにあるような曲ですよね」

「ああ。ゼプツェンとアハツェンの戦いは涙なしでは見られん」

「チュチュも忘れるな。あのあたりは、チュチュが健気に敵に立ち向かう部分も名シーンだ」

「俺はあそこで2回くらい死んだけどな・・・」


・・・そして管理人が一番好きな曲。『盗めない宝石』



「これ本当にいい曲だよなぁ!・・・よし俺は決めた!一生光田さんについていく!」

「そこに植松、菊田、下村(敬称略)も付け加えてくれ」

「ここの管理人さんは基本的に旧スクウェア信者ですからねぇ。・・・全く、今のスクウェアはどうしてああなってしまったのか・・・。・・・ところで僕はこの曲を聴くとシタン先生を思い出します」

「え?なんで?俺はソフィアなんだが」

「まぁ、ソフィアは無難なところだよな」

「僕は誰がなんと言おうとシタン先生!・・・なぜなら僕の中で、この曲=ゼノギアス=シタン先生、・・・という方程式が出来上がっているのですよ・・・」

「なんと意味不明な方程式・・・。お前でないと解けんではないか」

「かもしれませんね。・・・んっふ、困ったものです・・・」

「愛の方程式か・・・。・・・って、んなこたぁどうでもいいんだが、盗めない宝石というタイトルの曲は、確かクロノ・クロスにもあったよな」

「あぁ、『RADICAL DREAMERS ~盗めない宝石~』だろ?」


RADICAL DREAMERS ~盗めない宝石~
http://jp.youtube.com/watch?v=NQz9B7VHKCY&fmt=18


「そうそうこれだよこれ!全く、これを聴いただけで涙が出てくるぜ・・・」

icon_koizumi001.jpg「ゼノギアスとクロノ・クロスの製作スタッフはほぼ一緒、とのことですからね。曲名を一緒にしたのも、何か思うところがあったのかもしれません」

「ちなみに一番最初に紹介した遠い約束、あれもクロノ・トリガーの中で似たようなタイトルの曲がある。『クロノとマール~遠い約束~』だったと思うが」

「だな。同じオルゴール曲であるし、作曲も共に光田氏。いやはや粋なことをしてくださる」

「ちなみにこの曲に関してはなぜか演奏してみたしか見つからなかったため、YouTube動画は貼っていません。興味のある方は各自なんとかして探してみてください」

「クロノかぁ。俺はトリガー時代からのファンなんだが・・・、クロスは神ゲーだったとは思わないか?」

「・・・その話はなんだか非常に長くなりそうな気がするので、いったん区切るか」

「話の本筋から大きく外れそうですしね。・・・というわけで、ゼノギアスの個人的名曲をご紹介しました」

「3曲のみの紹介になってしまったが、他にもいい曲がたくさんある。サントラは今でも売っているのか・・・。ぜひとも欲しいところだな」


「お、おい!大変だ!これ聞いたか!?」

『相棒』新シリーズをもって寺脇康文が水谷豊とのコンビを“卒業”

俳優・寺脇康文が、水谷豊とのコンビで難事件を解決していく人気ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)を卒業することが28日(木)わかった。同作は10月より新シリーズ「season7」がスタートするが、寺脇の出演は同シリーズが最後に。放送前に主要キャストの卒業発表は異例だが、同局プロデューサー・松本基弘氏は「社内外から批判があったが、リアリティを追求するには亀山(寺脇)は去らなければいけない」と説明し、寺脇も承諾。「亀山薫の生き様を、皆様の目に焼き付けて頂ければ」と最後まで全力で演じきることを宣言した。


「薫ちゃんが卒業・・・ですって・・・?」

「全く、一体何考えてるんだろうな?相当な批判を受けるのは目に見えてるだろうに」

「おかしいな・・・、このプロデューサーさん、どうかしちゃったのかな・・・」

「!?あなたはもしや、なのはさん(19)・・・?」

「マンネリ化をどうにかしたいのは分かるけど、番組は視聴者があってこそなんだよ?視聴者の気持ちを無視してこんな無茶をするなら、番組の意味・・・ないじゃない・・・。ちゃんとさ、いつもどおりやろうよ・・・(薫ちゃんを出演させる的な意味で)。
ねぇ、私の言ってること、そんなに間違ってる・・・?

「い、いや、間違ってはいないと思うが・・・。いきなりなんなんだこの死亡フラグは?お、おい古泉、なんとかしろ!とても嫌な予感がする」

「・・・・・・・・・・・。僕の力もこの空間では無力です。・・・んっふ、困ったものです・・・」




「少し、頭冷やそうか・・・」


「!!ちょっ!なんで標的が俺たちなんだよ!!・・・はっ!砲撃が!く、くるーーーーーーーー」




「くぁw背drfgtyふじこlp;@:」

「!?













「・・・・・・・ん?俺たち・・・無事なのか・・・?」

「高町なのはの存在は、情報操作により、たった今この世界から消滅した。彼女にいられると、話が全く進まない」

「結構シャレになりませんね・・・。あとで一応、元に戻してあげてくださいね・・・」

「ふぅ、とにかくこれで穏やかに話ができる・・・って全然穏やかじゃないぜ!どう思う、相棒のこのニュース」

「裏で大金が動いたと考えるのが自然」

「確かに自然ですけど、せっかくですからもっと健全な方向に話を持っていきましょうよ・・・」

「薫ちゃんの『卒業』の仕方だが・・・まさか、殉職とかじゃないよな?」

「それこそ猛バッシングでしょう。・・・しかしなぜ新シリーズが始まる前にこんなことを明かしたのでしょうね。始まってからのお楽しみで良かった気がするのですが」

「数字取り、話題性」

「だからもっと健全な方向に・・・」

「しかしまぁ冷静に考えると、ここで騒いでる時点で俺らも宣伝に一役買ってしまっている、ということなんだよな」

「まさに制作サイドの思う壺」

「悲しいですね・・・いろんな意味で。・・・しかし、season7以降もまだ続くというような雰囲気ですが、season8から右京さんの新たな相棒にジャニタレとかだったら、相当ズコーな話ですよね」

「それもう相棒じゃないだろ・・・。season8イラネ」

「確かに。しかし、何かびっくりするような仕掛けが待っているかもしれません。とりあえず10月から始まるseason7に期待しようじゃありませんか」

「・・・こうして結局無意識のうちに視聴率、話題作りに貢献してしまう。人間の悲しい性・・・」






・・・でもやっぱ薫ちゃんのいない相棒、特命係は正直有り得ないよなぁ・・・。


ひっさびさにニコニコを見に行ったところ、ティッシュ姫の新作ktkr



しかもワールドイズマインだ!やった。



そういえば最近やっとベースの弦を張り替えました。




・・・・・・・・・・・・・・・・8年ぶりくらいに。


これはひどい。



あまりにも音が違いすぎて、いかに今までのものがひどかったかをようやく認識。


「そういえばキョン君、少し前にPSPを買ったとチラリと話していましたね」

「そうそう買った買った。色はピンクと迷ったんだがやっぱりちょっとダs ・・・から白いのを買った」

「しかし、PSP-3000の発売も発表されたというのになぜ今さら・・・」

「3000はまず間違いなくCFWは導入できんだろ。現行PSPも、最近は対策済みのものが出回っているらしいから、未使用の中古品を買ってきた」

「なるほど。皆キョン君と同じことを考えているのか、最近は心なしか中古PSPが店から消えるのが早いような気がしないでもないですね。・・・してついに発売が決定したPSP-3000の気になる新機能は?」

「大きく変わったのは、液晶スクリーンが強化され屋外でも見易くなったと言うことと、マイクを内蔵したことにより外付けマイクの購入の必要も無く、スカイプなどが簡単に利用できる・・・と、この2点だろう」

「ほうほう、そうだったのか。で?発売はいつ頃なんだ?」

「まずヨーロッパで10月15日に先行発売予定なのだが、価格は日本円にして約3万円とのことだ」

icon_koizumi007.jpg「たっけー」

「し、しかしだな、重量が軽くなってるとかしてるんだろ?」

「ぶっちゃけ変わらんらしい

「メ、メインメモリやバッテリー容量が増えたということは?」

「それも・・・ない

「ちょwwwそれで3万とかwwwwねーよwwwwww」

「しかし日本での実売価格はもう少し安くなることが予想されている(21000円~24000円くらい?)。液晶画面が現在の携帯機器で最高クラスになったらしいということを考えると、妥当な値段であるし、評価すべきではないだろうか」

「まぁ、ゲーム画面は見易いのが一番ですからね」

「国内での発売も10月中だろうとの見方が強い。もう目前だな。今後の動向を生温かい目で見守っていこうではないか」


「最近、ブログペットの投稿を見ていない気がするんだけど・・・」

「おかしいですね。2週間に一度くらいの割合で投稿するよう設定しているのですが。・・・ホントだ、7月19日から投稿されてませんね」

「気付くのおそ・・・」

「先ほど調べたところ、FC2ブログログインのパスワードを変えたのが原因だった」

「・・・なるほど、ブログペットの方の設定も変更しなければならないことを忘れていたんですね」

「まぁペットの投稿って、結構どうでもいい機能ではあるんだけど・・・」

「更新回数の減ったこのブログにおいて、カレンダーを埋めるという役割を考えるとかなり重要」

「・・・そういうことですね」


Buono!の新曲がリリースされていたらしい。さっき知った(笑)。

「ガチンコでいこう!」 PV
http://www.dohhhup.com/movie/yHP7xTLYyGqws3FfHXIrwJUkLag2NZhp/view.php

今さらの記事だし駆け足でGO。


・・・・・・・・・おや・・・?


桃子がセンターじゃないですか。


いつもは彼女がセンターなのにね・・・。
これはきっとペナルティだからです←結論


でも、私の要望通り(?)明るめの茶髪にしていただいたようで・・・。
うん、絶対こっちの方が合ってます。

雅ちゃん、最近一段とお綺麗になられましたね。
これはきっと恋をしているかr


どうでもいいことなんですが・・・、


奈々様に似ている! と思う。



・・・そういえば毎週録画しているしゅごキャラ、恐ろしいほどの量が溜まっている・・・。早く見ないと・・・。



「ただでさえ放送が半年遅れてるんだから、さっさと見なきゃヤバイじゃん!!」



いや、逆に半年も遅れているのだから、急いで見ても全く意味が無い気がする・・・(笑)。




【追記】
これもついさっき知った。

ハロモニ@終了
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080823-00000006-oric-ent

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

オワタ\(^o^)/


テンプレート、今回は結構変えました。いつものやつをベースにしていますが。



「・・・ついに3次元の人間が消えたわね・・・」

「まぁいいじゃないか。どうせ過去記事を掘り起こせば沢山出てくるのだから。・・・それよりなにより初音ミクはかわいいなぁ」


TOP画像




「・・・ああ、かわいいよな」

「はいはい。・・・にしても、今回のTOP画像、いつもより随分小さくなったじゃない」



横幅978pxの細長い画像を作るのには、もう限界を感じたのですよ・・・。やたらデカくなるし。

テンプレで今回大きく変えたのは、「今日のYouTube」を左カラムに移動して、今までそれがあった場所には新着エントリーを表示させるようにした、というトコです。
どちらも、TOPページにのみ表示されるようになってます。



「ちなみに、新着エントリー部分は、24時間以内に投稿された記事タイトルにNEWマークが付くようにしたわよ」

「まぁ24時間など短いから、あまりお目にかかることもないかもしれんがな」

「・・・しかし、ここまで変えるのなら、むしろテンプレートごと全く別のものにしてしまった方が早いような気がするが」



確かにそれもあるんですが、デザイン、機能等全て自分好みのものにしたいとなると、ある程度自らHTMLやSSCを変更するしかないのですよ。
それに新しいテンプレをDLしたとしても、また記事幅や文字の大きさ、タイトル表示位置の変更など細かい作業がきっとまた大変・・・。
もう今のテンプレのHTML等を読みなれてしまっているので、別のものとなるとチンプンカンプンだし・・・。



「要するに知識不足ってヤツね」

「そんな感じで管理人がド素人なモンだから、本来%単位で入力するのかもしれない部分をpxで指定していたりしている。別のパソコンで見たら崩れまくっているかもしれんが・・・、気付いた方は軽く教えてくれたり、くれなかったりしてくれ」

「もっとも、管理人にそれを直せる技量があるとは思えないけどね」


「京極夏彦原作、『魍魎の匣』が10月からアニメ化されるらしいですよ!」


※詳細はこちら

やった!日テレ系なら田舎でも見れる(はず)!!


「管理人の地元は田舎すぎて映画版が見れなかったから、これはちょっと嬉しいわね」

「しかし・・・このキャラクターたちの等身は・・・すごいな・・・。昭和の人間とは思えぬスタイルの良さだ・・・」

「というより、日本人とは思えない、と言った方が正しいのでは?」

「世界レベルでもなかなかいませんよ・・・。ちなみにキャラクターデザインはかの有名なCLAMPだそうです」

「賛否両論・・・というか、批判の方が多そうだけど、なんだかんだでファンは初回は見ちゃうのよね」

「とりあえずチキンな俺はグロいの反対!」

「時間帯にもよるかもしれませんが、最近のアニメの傾向から言って、そういう描写はほとんどないと思いますよ(たぶん)」

「でもアニメ化までされるなんて、やっぱり魍魎の匣は京極堂シリーズの中でも人気があるんですね!」

「うーん、ただ、アニメにするなら同じ京極作品でも薔薇十字探偵シリーズの方がコミカルだしグロくないし、合ってると思うんだけど・・・。主人公の榎木津みたいな破天荒なキャラクターはアニメ映えしそうだしね」

「・・・実はすでにアニメ界にはちょっとだけだが似た作品が存在するんだ・・・。俺が言うのも変な話だが、『涼宮ハルヒの憂鬱』は薔薇十字探偵シリーズのパクリだとも言われている。確かにサブタイトルのつけ方だとか、キャラ設定だとかその他色々若干共通するものがある」

icon_koizumi001.jpg「薔薇十字探偵がアニメ化された暁には、何も知らないゆとryが逆のことを言い始めそうですね」

「時系列的にはもちろん薔薇十字探偵の方が先だ。ただ、ハルヒがバカ売れしちまったからなぁ・・・。仮にパクリに似た事実があったとして、最初はハルヒ作者もここまで売れるとは予想していなかったんだろう。普通に京極夏彦のファンで、オマージュ的な意味合いでちょっと書いてみただけなんだろうよ。それが大賞受賞でシリーズ化され、さらにアニメになったことで知名度が一気に上がり、京極作品との共通部分が必要以上に浮き彫られてしまったんじゃないのか。・・・と俺が擁護できるのはここまでだ」

「結局、売れたモン勝ち・・・というわけですね」

icon_lina006.jpg「でも、京極夏彦は直木賞作家よ。売れるも売れないも、一般知名度はこっちの方が遥かに上じゃない?」

「しかし、作品単体での知名度は・・・どうでしょう、管理人さんがオタのため一般的見解は分かりかねるとのことです」

icon_kyon001.jpg「というか全部超今さらな話だし、何より今その管理人が、この会話はもう飽きた寝る、と言い始めたぞ」

「飽きるのはやっ!・・・ていうかこの話、もともとあんたがし始めたんじゃない!」

「俺はしがない一人の管理人の代弁者だ。奴のいいように操られているだけなのさ」

icon_ameria001.jpg「まぁ小説は面白ければ、読者が楽しめればOKということで・・・。実際、それぞれの作品の世界観は全く違いますしね。余談ですが『涼宮ハルヒの消失』の面白さは異常でした・・・」

「もうどっちがどっちのパクリとかどうでもいい!魍魎より薔薇十字探偵のアニメ化を!すでに似た作品があっても面白けりゃいーじゃん!!」

「なんでもかんでもアニメにすればいい、という話でもないですよ。アニメにして逆に残念なことになってしまうという結果も充分考えられることです」

icon_kyon001.jpg「魍魎の匣がその典型的な例・・・とか言われるようなことにならなければいいがな・・・」


「おい!聞いたか!FC2の不具合でblog-imgs-19サーバーの0.2%にあたるファイルが消えたそうだぞ!」

「おやそれは大変。0.2%と言えどユーザー数を考えれば決して少なくない数なんじゃないですか」

「19サーバーはこのブログでも使われていた気がするぞ!ちょっと見てくるぜ!!」



ドドドドドドドドドドドドド・・・






「・・・ただいま~」

「おや随分早かったですね。して収穫は?」

「収穫というか無事生存を確認してきた。うちで19鯖を使ったのは一瞬のようだったよ。リゾナントブルーの記事のあたりだけだった」

「ほう、21鯖の時代は随分長かったのに、ですか」

「ああ。最近やっと27鯖に移ったよな。一体鯖が移るのはどういう基準なのやら。・・・とにかくせいせいしたよ、これで魔の21鯖とやっとおさらばだ」

icon_koizumi001.jpg「21鯖は不具合が多かったですからね・・・。しかしこれでテキストだけではなく、画像ファイルのバックアップも重要、ということが分かりましたね」

「かなりめんどくさいがな。一気にまとめてバックアップできるようにならんものか・・・。そうそう、バックアップといえば、管理人はYahoo!のオンラインストレージにこのブログの画像やらなんやらを保管しているんだが・・・」

「Yahoo!フォトやブリーフケースですか?」

「そうそうそのYahoo!フォト!あれさ、アップした画像が劣化するって知ってたか?落ちるんだよ、ファイルサイズが」

「なんと!フォトと銘打っているのに画質が落ちるのですか!」

「そうなんだ。つい最近まで気付かなくてなぁ・・・。久々に保管していた待ち受け画面を見たところ、やけに汚いんだよ。これはおかしいと思いパソコンの画面やメガネを拭いてみたりしたが、どうやらそういう問題ではないことに気付いたわけだ」

「・・・メガネを拭く前にファイルサイズを確認すれば一目瞭然だと思いますが・・・」

「いいんだよ、どうせメガネはたまに拭かなきゃならんのだから。・・・そういうわけでYahoo!フォトにお気に入りの画像を保存するのはオススメしない。ちなみにブリーフケースの方はファイルサイズが落ちないようなので、使うのならこちらをオススメする」

「細かくフォルダ分けができて使いやすいですしね。サムネイルが表示されないのだけが難点ですが」

「フォトはサムネイルが出るから良かったんだがなぁ・・・」