水月があんまりかわいそうなのでちょっと中の人にも注目してみた

ここでは、水月があんまりかわいそうなのでちょっと中の人にも注目してみた に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※ネタバレ全開


「あ…ありのまま、今、起こった事を話すぜ!『君望で遙ルートを進めていたつもりが、いつの間にか水月が妊娠していた』な・・・。何を言っているのかわからねーと思うが、おれも何をされたか分からなかった・・・。頭がどうにかなりそうだった・・・。愛だとか恋だとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ、もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・」

「水月バッドエンドは遙ルートからの派生ですからね・・・。というわけで、久々にプレイしました『君が望む永遠』。続きは『続きを読む』からどうぞ」




「というか、肉便器扱いしてたらそりゃ妊娠もするでしょうよ・・・」

「もうホント鳴海孝之(主人公)は最悪。遙ルートでは特に酷くないか?あいつマジで氏ねよ・・・」

「まぁとりあえず水月バッドは見たと。あとはいよいよ遙エンドだけだな。・・・今回、ラストは遙でクリアしようということで、遙への思い入れを強くするため、わざわざ1章からプレイしたわけだが(2週目以降はメインである2章からのプレイが可)、この話・・・長い・・・。テキスト量どんだけあるんだよ・・・」

「何を今さら。・・・しかしアレだ、1章からやってもダメだやはり俺は水月の方が好きだ」

「このゲームのプレイヤーは大体、メインヒロインである遙派か水月派かに分かれますが、そういえばあなたは水月派でしたね」

「でも水月についてはなんだかアンチが多い印象があるなぁ」

「全く分かっていないな、あんなにいい女はいないじゃないか。尽くしてくれるし、面倒見も良い。そして巨乳だ。・・・遙派の人が多いであろうということは認める。遙と付き合っていた1章を終えれば(しかもあんな終わり方で)、そうなっても仕方ない。しかし水月と過ごした3年の描写も遙の場合と同様の長さで描かれていたら水月派の人もきっと多くなっていたはずそうに違いない」

「思い入れの問題だけか?なんか、水月って表面はさっぱりした性格だけど、内面っていうか孝之に見せる顔はすっっごく『女』だろ、良くも悪くも。遙は2次元的な可愛さだけど、水月はなんだかリアルにいそう。ゲームの中でまで3次元的女と関わりたくないって人が多いんじゃね?」

「しかし、1章でも2章でも、いつも一番つらそうなのが水月なんだよ。遙なんて1章では恋の成就を友人(水月)に手伝ってもらい、2章ではいつも孝之が来るのを待っているだけじゃないか。あまり何もしていない感がある。ったく、こっちは見舞い行くのとか正直めんどくせーのによ・・・」

「遙だって充分つらいんだぜ?始めのうち本人は自分の置かれている状況に気付いてないだけで。青春時代の一部を失った上、病院から出れないし、恋人は実は親友と付き合っている。水月ルートの後半では、全てを知った遙が夜に病室で一人で泣いてる描写があったじゃん。つらいに決まってるだろ」

「・・・まぁどうでもいいや、俺の嫁は茜たんだから。遙も水月もどっちもウゼーんだよ!」

「正直1番ウザいのは、主人公である鳴海孝之だと思いますがね・・・」

「くっそ、なんで水月はあんな男に惚れてるんだ・・・。とにかく、俺は何回プレイしても水月の方が可愛いんだよ。・・・というわけで今回は、そんな俺の嫁の中の人にも注目していきたいと思う」

「中の人っていうと石橋朋子・・・つまり、たかはし智秋だろ?俺はこの人の演技は君のぞでしか聞いたことないけど、上手いよな。水月というキャラクターがそうだからってのもあると思うが、こういう、普通の声のトーンで普通に喋るという演技が凄く良いと思う。うむ、水月はこの人以外考えられん」

i「ちなみに、どんな方かというと・・・」









「・・・たかはし智秋よ、どこへ行く・・・」

「俺、たぶんこの人がAV出るって聞いても、全く驚かない自信があるよ。さもありなんという感じだ・・・」

「しかし美人だし、いいおっ○いではないか・・・(ゴクリ」

「・・・あ、この人、Aice5の人だったんだな。『Love Power』って曲のPVを見たことがあるんだけど、一人だけ派手な顔の美人で浮いてる人がいて・・・、あれこの人だったのか」

i「あれは、自分に自信のある者の表情ですよね、アイドルのPVでよく見かけるような。なんだか完璧にたかはし智秋を演じきってるって感じがします。ノリがいい人なんでしょうね。・・・おかげで浮いてますけど」

「しかも一人だけダンスのキレが半端ないという・・・。ああいうパキパキ(?)した踊り方は個人的に好きだ」

「ちなみにこの人、歌も凄く上手いんだぜ」


隣に・・・

アイマスの曲らしい。すんごくいい歌。


「ちょ、なんだこれうんめええええええ!!これがホントにさっきの写真のビッチかよ!ていうか『Blue tears』の時と全然声が違うじゃねぇか・・・!」

「あれは水月として歌っていたんでしょうね」

「まぁこっちなんかは水月からちょっと離れた歌声だけどな」


光もたらす日に

孝之とのデュエット。


「これはまた歌唱力の高い二人だな。・・・ていうかゲームでは主人公はボイス無しだから知らなかったが、アニメでは孝之って谷山紀章が演ってたのか」

「それよりも・・・。こんなカッコいいの孝之じゃねぇ・・・!この孝之になら掘られても(ry

「いや、例え歌唱力がずば抜けていたとしても、俺は孝之を絶対に許さない。絶対ニダ」





最後に。TOP画像変更しました。


「そういえば・・・変わっているな・・・」

「ふっ、水月で作ってしまったぜ・・・。実はこれ、夏頃にはもう完成していて、8月中に君のぞクリア→水月の誕生日あたりに記事書くと同時にTOP画像を変更、という予定だったんだが、思いのほかクリアするのに時間がかかってしまってな・・・」

「まぁすぐに変更することになるでしょうけど、とりあえず遙エンドを見て、君のぞ記事をあと2本くらいしつこく書くつもりですので、その間はこのTOP画像で行こうと思います」

「他のギャルゲのレビューも書きたいし、なんとか今年中には君のぞレビューを終わらせるようにしないとな・・・」


コメント

コメントは承認制のため、管理人の承認後に表示されます。
荒らし、スパム、広告、記事に関係ないコメントは即削除させていただきます。
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/30(月) 22:17 | | @管理人 #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する