久々にPSPを色々いじった

ここでは、久々にPSPを色々いじった に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



「以下個人用メモ的なPSP改造ネタ」




「本題に移る前に軽く説明。PSPは、改造していようが改造していないノーマルなPSPだろうがメニュー画面をカスタマイズすることが可能。ただ、カスタマイズできる度合いはかなり違う」

PTFテーマ
psptheme01.jpg

psptheme15.jpg

「PTFテーマはノーマルPSPでも使えて、アイコンのデザインが変更できるようになっている。これだけでも充分楽しい」


続いてCTFテーマ
psptheme07.jpg

20090326.jpg

「CTFテーマはCFWを導入している改造済みPSPのみ使えるテーマよ。ご覧の通り、アイコンの位置、フォントはもちろんのこと起動画面や操作音、ミュージックビジュアライザーなど、ありとあらゆる部分が変更できるの」

「今回の記事はこのCTFを色々いじっている際に生じた問題のメモのようなもの。興味がない人はブラウザの戻るを押すといい」



メモ1 CTFファイルを日本語名にするとテーマは適用されない

「なんでこんなこと分かんなかったんだろ・・・。日本語名でCTFファイル作って、なぜできない!なぜできない!を繰り返していたよ・・・」



メモ2 日本語フォント入りCTFを作成→適用→USB接続→接続解除するとフリーズする

「CTF tool GUIとCXMBで作成したCTFで確認。どちらのソフトも日本語対応していないためだと思われる」

「フォントの変更が一番やりたいことだったんだけどね・・・。日本語フォントを変えたければ、直接flash0を書き換えるしかないわね」



メモ3 CTF tool GUI v4.1でPTFファイルを展開すると、なぜか省電力設定のフォーカスだけ展開されない

「このソフトを使ってPTFをCTFにしたりしてたんだけど、省電力設定のフォーカスのみデフォルトのものになっていた・・・。なのでいちいちRCOEdit115cでtopmenu_icon.rcoの画像の入れ替えをするハメに・・・」

「しかし、先日CTF tool GUIのv4.2がリリースされたので、もしかしたらそのへんのバグが修正されているかもしれないという淡い期待を抱いている」

「その前に、このソフトは64bitパソコン非対応だって言ってるのに無視して使ってるからそれが大きな原因なんじゃないの・・・?」



メモ4 そういうわけなので64bitパソコンではCTF tool GUI v4.1を用いて01-12.bmpを作成することはできない

「他の機能は大体問題無く使えてるんだがな・・・。当たり前だが32bitパソコンでは01-12.bmpもちゃんと作成できた」



メモ5 RCOEdit115cでrcoファイルの画像の差し替えをする際、bmp形式だとテーマに適応されない(pngならOK)。




メモ6 さらに、画像を差し替えるとなぜか右に1ピクセルずれる・・・。

「ずれるよね?ずれてるよね?俺だけじゃないよね?俺だけなのかなぁ・・・」

「仕方ないので左に1ピクセル寄ってる画像を作成することによりひとまずこの問題は乗り越えたが、いちいちめんどくせーよと言いたい」



おまけ 色々やってたら管理人のPSPが起動しなくなった\(^o^)/

「ここでメシウマと思った人には申し訳ないんだけど、結論を言えばパンドラバッテリーを使って直っちゃったのよね・・・」

「あー良かった直って本当に良かった・・・」

「flash0をいじっていてPSPが逝っちゃうとか自業自得すぎ」

「違う!違うんだ!別に今回flash0の書き換えはしてないし、ちゃんとバックアップも取ってたんだが・・・。ちょっと一部rcoファイルが欲しくてM33 VSH Menuからflash0に接続→任意のファイルをPCにコピーして接続解除したまでは問題がなかったんだよ!」

「その後M33 VSH Menuで接続先をflash0からMemory Stickに変更してまたUSB接続したらなぜかフリーズして電源が落ちてしまったんだ・・・。その後は電源付けても電源ランプが付くだけで画面は真っ暗。リカバリーモードにも入れない・・・というよく聞くBrick状態になってしまったのでした!」

「バックアップファイルからコピー取れば良かったのに・・・」

「それが、バックアップファイルは今は使ってない古いパソコンに保存していたもんだから、いちいちそっちのパソコンを起動するのがめんどくさかったんだ・・・。だってまさか接続先の変更だけでぶっ壊れるとは思わねーだろ・・・。そんな話聞いたことねーよ・・・」

「いつもYah○o!知恵袋とかで『PSPを改造して遊んでいたらPSPの電源が付かなくなりました!どうしたらいいですか><』みたいな質問を読むたび、これだからゆとりは・・・とか馬鹿にしていたのに、自分も同様の症状に陥るとは・・・」

「お、俺が馬鹿にしていたっていうか呆れていたのは、ググらずにすぐに人に聞くその態度に対してなんだよ!別にBrick自体はままあることだろ。・・・まぁいざ自分の身に起こったら正直結構びびったけど」

「・・・とにかく、このようにPSPを壊しつつ作ったのがミクカラー(っぽい)ビジュアライザー」

ただライトの色変えただけ\(^o^)/


「一番上の光は、最初は色のバランス的なことを考えて黄色にして作ったんだけど、なんだかしっくりこなくてな。そこで試しにピンクにしてみたら結構それっぽくなったのでこれで決定にした」

「需要はないかもしれないけど、一応このvisualizer_plugin.rcoのzipをアップしたわよ」




CFW5.00 M33-6にて動作確認。
5.00系以外のCFWでは動作しない可能性あり。


「flash0の書き換えは最悪PSPを壊すこともあるので、必ずバックアップを取ること。まぁ書き換えなくても管理人のようになぜか壊れることもごくまれにあるかもしれないが、その際の責任は当方は一切追わないのでそのつもりで」

「ちなみに管理人はflash0を書き換えずにCTFに組み込んで使っている。まぁその辺は自由に使ってくれ」

「何度も言うけど需要はあまりないだろうけどね・・・。なぜなら流行りの5.50GEN用ではないから」

「うーん、俺みたいに未だにM33系しか使わないって保守派も結構いると思うんだけどなぁ・・・」

コメント

コメントは承認制のため、管理人の承認後に表示されます。
荒らし、スパム、広告、記事に関係ないコメントは即削除させていただきます。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する