魔法少女リリカルなのは 終盤

ここでは、魔法少女リリカルなのは 終盤 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


やっと見終わりました、「魔法少女リリカルなのは」(無印)!
一時はどうなることかと思いましたが、全13話という短さだったので、見始めたら意外とすんなり全て見ることができました。
こういう最近の連続アニメ(?)見るなんて何年振りでしょう・・・。

って言っても、今調べたら、これ2004年のアニメだったんですね・・・。
このブログに、いつものように「今さら感」が漂い始めてます・・・。
でも2004年くらいだったら、私の中では余裕で「最近のアニメ」のカテゴリーに入ります。私のアニメの歴史は、基本的に10年前で止まってますので。

さて、なのは終盤ですが、13話構成ということもあり、スピーディーに展開が進んでいきました。
これくらいのスピード感の方が見やすいのかも・・・。
次々と明かされる衝撃の事実・・・。
「魔法少女リリカルなのは」なんてアホみたいな題名ですけど(失礼)、ストーリーは全体的に暗かったです。
でも、暗いアニメは大好きです!!


このアニメ、たまにデッサンが崩れてるときがありましたが、あれはどうしたんでしょう・・・。
でも、基本的に絵は綺麗だったかと。こういう魔方陣の展開とか好きでした。
それから・・・、杖が英語でしゃべるってのも(機械的にですが)個人的に衝撃的でした。

さて・・・
全てが終わり、皆日常に戻っていきます。
ユーノくんのこの姿も久しぶり・・・。
なのはの髪で何やってんでしょう。かわいいですね。

ユーノくんは中盤以降はずっとこの人間の姿でした。
というか、こっちが彼の本当の姿ですが。
この姿になってから、なのはとフェイト、そしてアルフに見せ場を持ってかれっぱなしだったような・・・。

何かと対決することが多かった二人に、ようやく平穏が訪れます。
ずっとフェイトと友達になりたかったなのは。
最終話で、その願いが叶います。
心の奥底で、実はフェイトもずっと同じ思いだったのかもしれません・・・。




ここ!ここです!私が全13話中最も感動したシーン!!フェイトが初めてなのはの名前を呼びます・・・。
最終話のタイトルは「なまえをよんで」。おろろ~ん!!(泣)感動です。多くは語らないでおきます・・・。

しばらく会えなくなる二人。友情の証に、お互いのリボンを交換します。
こういうの、私は大好きです!!!!!
・・・とか興奮していたら今間違って書きかけの記事をアップしてしまいました・・・。
何事もなく続きを書かせていただきます・・・。
この作品は良作でした!10年もアニメから離れていた私でも引き込まれました。


アイキャッチが毎回違うってのも驚きでした。各話の内容によく合っていました。
この余裕も13話構成だったからでしょうか・・・。
今は3期目を放映中のようですが、全て見たいと思います。田舎なので、レンタルで・・・。


コメント

コメントは承認制のため、管理人の承認後に表示されます。
荒らし、スパム、広告、記事に関係ないコメントは即削除させていただきます。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する