同窓会へようこそ~遅すぎた夏の帰郷~

ここでは、同窓会へようこそ~遅すぎた夏の帰郷~ に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



弟のビデオ段ボール箱からわざわざ探し出してきました。

20070918_1同窓会へようこそ ~遅すぎた夏の帰郷~」。
加藤あいの人気が出始めた頃の、TBSの単発ドラマです。これ、1999年の作品なんですねぇ。
一体何度見たことでしょう・・・。面白いと言うより、印象深い作品だと思います。
主演は豊川悦司と加藤あい。

あらすじは簡単に言うと、主人公(トヨエツ)が高卒後20年ぶりに故郷の倉敷に帰り、地元に残してきたまま音信不通になってしまった、当時の恋人にそっくりな少女(加藤あい)と出会う。そこで繰り広げられるさまざまな不思議な出来事・・・という感じでしょうか。

相変わらずはしょりすぎ・・・。

しかも「さまざまな不思議な出来事」って言い方、ちょっと俗っぽくて違うかなぁ。
しかし誰も住所を知らないはずの主人公の元に、20年ぶりに同窓会名簿が送られてきたりするんですよ。果たして、それを送ったのは・・・?

それはさておき、

ai03この作品は、加藤あいの魅力無しには語れません。
たまにこのような8ミリの映像が流れます。8ミリでも美しいあいちゃん。
この中で、あいちゃん(昔の恋人)は主人公に何かを話しかけているのですが、8ミリなので無音のため、なんて言っているか分かりません。
主人公は必死に思い出そうとしますが・・・。
最後の最後で、やっとなんて言っていたかが分かるのです。

その言葉が・・・全部分かってからだと・・・切ねぇよ・・・!!(泣)

それにしてもあいちゃんはセーラー服がよく似合います。

ai05
いつかの写真集から(「制服コレクション」みたいな感じの・・・)。これも・・・よく似合っていますが・・・、髪が茶色いのがちょっと・・・。
やっぱセーラー服には黒髪じゃなかろうか。
ブレザーなら茶髪でもいい気がするが、セーラー服は黒髪でしょう。
そしてあたしゃブレザーよりセーラー服派だ。
私自身は学生時代ずっとブレザーだったので、無駄に憧れてるってのもあります。セーラー服着たかった。だってセーラームーン世代ですもの。


ai04「もっと一緒にいたいのに・・・。夕日、沈まなければいいのに・・・」

私の中で印象的なシーン。う、美しい・・・!主人公の回想シーンでのあいちゃん。二人でよく夕日を見に行ってたんですね。
このセリフは最強の殺し文句だと思います。・・・が、大人が言っても、現代の女子高生が言っても全然効果ないですね・・・。当時だからこそ。そして美しいあいちゃんだからこそ・・・。

しかし・・・前も書きましたが、この頃の彼女の透明感って言ったらない。純粋無垢とはこのことか。さらにこの作品に関しては神聖さすら感じます。神懸かってます・・・
当時の加藤あいには、歴代ハロメンも誰一人として敵わないと思います・・・。

なんか・・・今気づいたんですが・・・、この作品、私の中で加藤あいによってかなり美化されているのかもしれません・・・。そしてさらに、私の中の「故郷」も相~当に美化されていました・・・。

いや・・・でも、最近見てもやっぱり良かったから、この作品はイイ!
東京で一人暮らしをしている間も、レンタルショップで何度も借りて見てました。
で、絶対泣くのが・・・

20070918_2ここ!これ!(泣)
エンディングの中で、今は亡き主人公の父親(峰岸徹)が大学進学のため上京する息子を駅のホームで見送るシーン。
ここのセリフが・・・また・・・(大泣)。
ホントにこれ何回も見たんですけど、私はこのシーンで絶対確実に声を上げて大号泣します。
ここは男性でも泣くんじゃなかろうか。男性だからこそ・・・。

そしてまたテーマソングである、ガーデンズの「エンドレスサマー」が本当によく合ってるんですよ!この作品を見た次の日、出勤時にこの曲を聴くとさっきの駅での親父のシーンを思い出し、よく電車の中で涙ぐんでました・・・。

いやぁ本当にこの作品はイイです。倉敷の街並みも美しくノスタルジック。
キャスト陣も何気に充実していますし・・・。
それから特に、故郷が遠くにある方におすすめ!

ふるさとが美化されるであろうこと間違いなし!!・・・たぶんそれくらいがちょうどいいんですよ・・・。

「ふるさとは、遠くにありて思うもの」って室生犀星も言ってますし・・・。

ちなみに、弟が書いたこのビデオの手書きのインデックスには・・・
「加藤あい 保存版」(そしてご丁寧に「標準モード」というシールが貼ってある・・・。おかげでキレイに見れました)
当時彼は中学生だったのだが・・・。弟よ、お前の感性は間違っていない・・・。


コメント

コメントは承認制のため、管理人の承認後に表示されます。
荒らし、スパム、広告、記事に関係ないコメントは即削除させていただきます。
この記事へのコメント
はじめまして!
突然ですが、mixi内のこのドラマのコミュニティでこちらのブログが紹介されていたのでコメントさせていただきます!

自分もこのドラマがスッゴく好きで、本放送を録画してなかったり、再放送がなかったために、数年前に思い切ってセルビデオを買いました!
今でもときどき見返しては毎回感動させられてます。
今年の夏は念願叶って倉敷にも行きました(プチロケ地巡り)!


ちなみに、自分も放送当時は弟さんと同じく中学生(中2)でした(笑)。
2007/10/31(水) 23:30 | URL | しょ~ん @管理人 #hq7ZshsY[ 編集]
初めて観て・・・
加藤あいさんのファンになりました。
それまで知らなくて、思わず新聞の番組欄を見て加藤愛さんであることを知りました。
ロケ地には縁があり思い出の場所でもありましたし、同時に高校時代の懐かしさと、愛おしさと、取り戻せない時間の切なさがこみ上げてきました。
今でもドラマでクールな加藤愛さんを観ても懐かしさと愛おしさと切なさがラップしてしまいます。
今年で放送され10年目の同窓会ですね。
どうか再放送して欲しいですね。
2009/07/30(木) 23:30 | URL | Tecy Brown @管理人 #.lfzhBHI[ 編集]
コメントありがとうございます
>しょ~ん さん
(※07.11.1の記事中にレスした分。過去記事整理のため該当記事を削除しますので、こちらに転載します)
放映当時中2ということは、私の弟と同世代ですかね。
自分以外にも未だにこのドラマが好きな方がいるなんて、すごく嬉しいです。

再放送全然やらないですよね・・・。随分前からこの作品のDVD化を切に切に切に望んでいるんですが、やっぱり難しいんですかねぇ(泣)。
なのでビデオを買ったのは正解だと思いますよ。

倉敷行かれたんですか、羨ましい!
あの街並みは倉敷ならではですよね。私もいつか行くのが夢です。


>Tecy Brown さん
あれからもう10年ですか・・・。
あいちゃんも随分変わりましたよね。
もちろん今は今の彼女にしかない魅力がありますが、昔の彼女にもまた当時にしかない魅力がありました。

自分の中ではこのドラマは最高峰です。
夏ですし、またビデオ引っ張り出して見ようかと思います。
2009/08/02(日) 16:57 | URL | サカキ @管理人 #-[ 編集]
教えて下さいm(_ _)m
このドラマ見たんですけど どうしても 思い出せないんです(;_;)
主人公に加藤あいさん演じる恋人が 8ミリの中で なんと言っていたんでしょうか?
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
2009/10/16(金) 18:34 | URL | ひろ @管理人 #-[ 編集]
>ひろ さん
「夏になったら、帰ってきてね」
です。
2009/10/17(土) 19:47 | URL | サカキ @管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する