僕の歌を総て君にやる

ここでは、僕の歌を総て君にやる に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


筋少アルバム『SUN FRANCISCO』には良曲がたくさん。この『僕の歌を総て君にやる』も好き。一見普通の曲っぽいですが、「どうも俺は長く生きてけないような気がするから」とか言ってるところになんか共感を覚えます・・・。
ギターソロも文句無しにいいですね!歌詞のはかなさと相まって泣けてきます・・・。ホントにいいな・・・。

大槻ケンヂは決して歌が上手いわけではないのですが、表現力は抜群です。こういう歌い方は嫌いだったはずの私も、グイグイ惹き込まれます・・・。こりゃオーケンの本を何冊か読んで、彼に多少なりとも感情移入してるってのもあるんですかねぇ。

この曲はサビしか良くないように聴こえますが・・・

♪さみしくてさみしくて 十六夜の
  闇の空で泣ける僕は
  セラピストにも月一度は会うし
  薬は常備三種類
  君のスカートにポケットはあるか?
  あるならホラ手出してごらん
  人を救うはずなのに 自分さえ
  救えやしない俺のさ 歌だよ

なんて本当に寂しいことを途中で歌っています・・・。
女性視点から言うと、この曲には男性の影(?)の部分の魅力が詰まっていますね。不器用で不安定だけれども、真っ直ぐで純粋な男の生き方に心を打たれます・・・。あ・・・涙が・・・。
私、弱い男は大嫌いなはずなんですけどね・・・。
それでも懸命にあがいてる感じが好きなのかもしれません。

空をかける一筋の流れ星のように生き、孤独な笑みを夕日に晒して背中で泣いてるダンディな男性とはまた違った魅力を感じます。(これはこれで非常にカッコイイのだが)

世の中「男の純情ラブソング」と呼ばれる歌はたくさんありますけど、これほど心を揺さぶられた曲はありません。
オーケンが歌うから揺さぶられるんでしょうね。その辺の何にも考えてないような男が歌っても、何も感じないでしょう。

なんか・・・最近の私は、一見筋少復活の波に乗っているように見えるかもしれませんが、彼らの歌を聴き始めたのは単なる偶然です・・・。
でも、復活の波に乗ってるってことにした方が、流行に敏感な感じがしていいですね。そういうことにしましょう。



貪欲に投票するお!(`ω′)
 人気ブログランキングへ

ブログランキング参加中。クリックにご協力お願いします。


コメント

コメントは承認制のため、管理人の承認後に表示されます。
荒らし、スパム、広告、記事に関係ないコメントは即削除させていただきます。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する