「輝」 懐かしの響鬼

ここでは、「輝」 懐かしの響鬼 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先日、レンタルショップで借りてきちゃいました、「仮面ライダー響鬼」。これ、ちょう好きだった!
リアルタイムで全話見ましたが、私の好きな話が入ってる2巻をチョイス。前期の響鬼はスゲー面白かった。私は特に、前期の前期(響鬼紅(ひびきくれない)になる前くらい)が好きです。
hibiki05.jpg
OPから好きでした。これ確か屋久島。最近、友達と屋久島行きたい!って話してました。みんなが行けるわけじゃないそうですよ。屋久島が人を呼ぶそうです・・・。
hibiki06.jpg
大好きなヒビキさん(細川茂樹さま)。「おっさんライダー」って呼ばれてたみたいですが、彼のどこが「おっさん」なんでしょう・・・。
hibiki10.jpg
かと言って「おじさま」って感じでもなければ「好青年」って歳でもないんですが・・・。素敵な大人の男性ってのが一番しっくりきますかねぇ!!(テンション高いな)
hibiki07.jpg
左がヒビキさんに憧れる明日夢(あすむ)くん(ヒビキさんには「少年」と呼ばれておる)、真ん中がヒビキさんをサポートする香須実(かすみ)さん、右も同じくサポートの日菜佳(ひなか)ちゃん。
・・・こうしてみるとだいぶ名前の読み方難しいですね・・・。

OPとか本編とか、こういう和の雰囲気が良かった。武器も太鼓だったりとか。
hibiki08.jpg
これこれ、太鼓叩いてるところ。でもこういうの、子供には全然ウケなかったみたいです・・・(泣)。
そのせいもあってか、この作品は、前期と後期でプロデューサー、脚本家が交代になったんです。この騒動についてはこちら←(ウィキペディア)を参照のこと。
見てたときはそんな騒動があったなんて知りませんでしたが、後期を見ていて確かに前期との構成の違いは感じましたし・・・、今さらなことなんで多くは語りませんが、なんかグダグダで・・・、色々「ん・・・?」って感じでした・・・。
響鬼の特徴だった「和」な感じも、後半はOPを含めて全くと言っていいほどなくなってしまいましたし・・・。(武器は剣みたいなのになっちまいやがった)
hibiki09.jpg
最近掲載画像がどんどんでかくなってゆく傾向が。
こちらはさっきもチラっと紹介した、立花香須実さん。画像がでかいのでお分かりかと思いますが、私は香須実さん推しでした。お美しい。演じているのは蒲生麻由(がもう まゆ)さん。この方は元モデルさんです。どうりでスタイルも良いはず。
おこがましいですが、ある理由で彼女には親近感を持っております・・・。別に全然大した理由じゃないですが。
話が進むにつれて香須実さんの出番が減っていったのが納得ゆかないところ・・・。

香須実・日菜佳姉妹好きだったなぁ。まぁ、初期響鬼で嫌いなキャラクターは全くいませんでしたね。
(後半は・・・、まぁ見ていた人なら分かるかと思いますが、「彼」がねぇ・・・。嫌われ者でしたねぇ・・・。演じていた役者さんはかわいそうですね。仕事だから仕方ないけども。)


・・・ていうか・・・この画像編集結構頑張ったのですが、後で気付きました。
ようつべ動画がありましたよ・・・。

これ見りゃ早いじゃん・・・。ごらんの通り、曲はインストです。「輝(かがやき)」という曲。当時着メロにしていたし、通勤電車でもよく聴いていました。懐かしい。
主旋の音は話ごとに変わります。ギターだったり、トランペットだったり、笛とかコーラスだったり。それも毎週楽しみだったなぁ。

細川茂樹目当てで見始めた響鬼だったけど、内容も私の中で大当たりでして、前半は面白すぎて1話につき3回くらい見てましたよ!
(でも後半は・・・以下略。ホントにマジでもったいないなぁ・・・。でも仕方ないですね。元々子供のための番組ですから。)


「仮面ライダー響鬼」。懐かしい気分に浸りながらこれから視聴します・・・。



貪欲に投票するお!(`ω′)
 人気ブログランキングへ

ブログランキング参加中。クリックにご協力お願いします。


コメント

コメントは承認制のため、管理人の承認後に表示されます。
荒らし、スパム、広告、記事に関係ないコメントは即削除させていただきます。
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する