映画・ドラマ

ここでは、映画・ドラマ に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


20071104_1.jpgずっと見たかった「シェルブールの雨傘」を見ました。
え?今さら?と言わないで・・・。
「シェルブールの雨傘」は1964年のフランス映画です。主演は、カトリーヌ・ドヌーブ。彼女が見たくてレンタルしてきたんです。

この作品はミュージカルです。
タモリがよく「ミュージカルは嫌い」って言ってますけど、私は嫌いじゃないです。
映画だとか舞台は基本的に娯楽、って考えですので、セリフを音楽に乗せるというのは単純に面白いと思ってます。

多分、ミュージカルが嫌いって人の言い分は「リアリティが無い」の一言に尽きるんじゃないかと思いますけど・・・。
でも、私は娯楽である映画にまでリアルは求めたくないんですよ。
娯「楽」のはずなのに、「現実(リアル)」っていう楽しくないものを突き付けられるのはちょっと・・・。
映画とか舞台を見ている時はせめて浮世を忘れたい。
どうせお金を払うんだったら、楽しい時間を買いたいでしょ?

「嘘は人間が持っている素晴らしいやすらぎ」って、姫野カオルコが言ってましたけど、ホントにその通りだと思います。
・・・私みたいなタイプを現実逃避型って言うんでしょうね・・・。
(でもこんな私でも自虐的ナルシシズムに陥りたい時は、ある。筋肉少女帯の曲が好きなのもそのためだと思う。
・・・あぁ今思ったけれども、現実逃避と自虐的ナルシシズムとは、見えない部分で密接な繋がりがあるような気がしてきた・・・)

20071104_2.jpgまたムダなこと書いちゃいましたが、この作品の主演女優、カトリーヌ・ドヌーブは本当にお綺麗です。
そういえば彼女も、この前書いたブリジット・バルドーの最初のダンナ、ロジェ・バディム監督との間に一子を儲けています。彼とは結婚はしなかったみたいですけど・・・。
手持ちの本によると、BBと同じくカトリーヌも元々ブルネットだったのを、バディムがブロンドに染めさせたようです。
それから・・・、へぇ、この「シェルブールの雨傘」に出演した時点で、すでに彼女は子持ちだったんですって。
・・・でも可愛いなぁ。とても子持ちとは思えない・・・。
しかし、バディムはモテモテですねぇ・・・。まぁ若い女にとってバディムみたいな男は毒でしかないと思いますけど。悪毒、口に甘しって感じです(なんだそれ。聞き流してください・・・)。

美しい女性は、愛されます。この作品でもそう。カトリーヌ演じるジュヌヴィエーヴは二人の男に愛されます。

さっきも書きましたが、この作品はミュージカルです。でもちょっと特殊で、「全てのセリフが歌」になってるんです。
最初は、え?って思いましたけど、見ていくうちに不自然さは感じなくなりました。

動画は、この作品のテーマソング(多分そのはず)に乗せて、ジュヌヴィエーヴと彼女の最初の男のギイが歌うシーン。
ギイが戦争に行くことになり、別れを惜しむ場面。
欧米の方は愛情表現がストレートですね。私もジュテームモナムールと愛を囁かれたい・・・。

個人的に「2年・・・。私たちの人生の2年も(離れていなくてはならないの)・・・」って部分が印象的です。
2年って、短いようでとても長いと思います。
ホラ、長渕剛も「順子」で ♪あと2年待つことがそんなに嫌だったとはね~♪ って歌ってるし・・・。
楽しい時間はあっという間に過ぎますが、待ってる時間って、凄く長いんです。

しかも、ただの遠距離恋愛ならまだしも、この作品の場合は戦争とジュヌヴィエーヴの妊娠という「生と死」が二人の間に重くのし掛かっているわけですから・・・。

男が戦争に行ってる間に他の男とくっついちゃうって設定は、「哀愁」を思い出しますけど、こっちは相手が生きてるのにジュヌヴィエーヴは別の男と結婚してしまいます。
あんなに愛し合っていたのに・・・。若い時のあの一瞬の恋の情熱って、一体何なんでしょうね。

最後はギイも家庭を持って幸せに暮らすんですけど・・・。
ラストで偶然二人が再会し、大した話もせずまた別れゆく・・・。
そして入れ違いに帰ってきた我が子をギイが抱き上げる。
幸せな親子のシーンのはずなのに、バックで流れているテーマソングの切ないメロディと相まって、胸が締め付けられるような気分になります。

ちなみに・・・、このテーマソングに乗せて、岩崎宏美さんがその名も「シェルブールの雨傘」という曲を歌っていたみたいです。
この方はホントに歌がお上手。個人的に良美さんより宏美さんが好きです。今度これ借りてこよう。

しかし、この映画を見た方の感想としては「愛し合う二人が、なぜ戦争などによって引き裂かれ、結ばれないのか!」というのが多いみたいなんですけど・・・。
あくまで私個人の考えですが(ホントに個人的意見なので、この映画に深く思い入れがある方は聞き流してください)、会わない間に、二人の愛はある程度冷めていたと思うんです。(特に先に結婚したジュヌヴィエーヴが)
だからまぁこれでも良かったんじゃないかと・・・。
冷めた、というか大人になって冷静になったというか・・・(それを冷めた、というのか)。

戦争に行った相手の子供を身篭っているってのは、女性にとってこの上なく不安だと思います。
でも、そんな時、別の男との子供がいても、それでもいいって言ってくれる男性がいたら?しかもお金持ちで生活の保障もしてくれる。
完全に、「大人の理屈」で、ジュヌヴィエーヴは別の男を選んだわけです。
大人になると、色んなことに理屈っぽくなります。それは例えば恋をすることに関しても。
もう、ただ自分の思うがままに相手を求めていた子供だった彼女ではなくなった。

この作品は、大人になりどこか冷めた恋しかできぬ人々に、若かりし日の、理屈に惑わされないただ甘やかな恋愛を思い出させ切なくさせる・・・、そんな作品に思えてならないのでした。

・・・あれ・・・?それって、例えミュージカルという形を取っていても、完全に私の苦手とする「リアル」じゃん・・・。
やっぱり私って本当は根っからの自虐的ナルシストなのかしら・・・。
(ホントにごめんなさい長々と書いときながらこんな終わり方で)



貪欲に投票するお!(`ω′)
 人気ブログランキングへ

ブログランキング参加中。クリックにご協力お願いします。


ジャッキー主演の「THE MYTH/神話」見ました。

この曲は、ジャッキーと、共演のキム・ヒソンが歌う「Endless Love」です。
当ブログでもう何回も貼り付けてるんですが・・・、今度は映像が映画バージョンってことで許してください(?)。
ジャッキーいい声だな・・・。
ちなみに、この二人が歌ったバージョンは、挿入歌になっていました。

主題歌は、別な方たちが歌っている、こっちのよう。
こっちの方が壮大さが増している感じですね。でもどっちもいい。良すぎる。

映画の感想は・・・、それなりに面白かった、という感じですかねぇ。
現代と秦王朝時代の中国の場面が交錯して、物語が進むんですけど、なんかもうちょっとだけ物足りなかった。
秦時代の部分の話の尺が足りなかったのかなぁ。でも結構お金かかってるっぽかったので、2時間が限界だったのだろうと思います。

しかも、この「Endless Love」が良すぎて、物語が歌にちょっと負けていたような気もします。
あ、でも、悪かったわけでは、全然ないです!ただ単に個人的にあとちょっとが足りなかっただけなのです。
基本的にシリアスな作品なのですが、成龍映画ならではのコミカルなアクションシーンは、笑った!

それから、キム・ヒソンが、お綺麗!この人ホントに綺麗だなぁ。歌も上手いですね。
日本の女優で言うと、菅野美穂に似ているかもしれません(この方は歌はあんまり・・・アレですけど)。

あぁしかしジャッキーカッコ良かった。これ見終わって、今度はプロジェクトAを借りに行くぞ!と意気揚々と車で出かけようとしたところ、右ウインカーのランプが玉切れで、出かけられませんでしたよ・・・。
家を出ようと右ウインカー付けたら、カカカカカカカ・・・って、作動音がめちゃくちゃ早かったから、初心者の私は、ぶっ壊れたんじゃないかとビビりました。

でももう交換したから(お父さんが)、大・丈・夫☆
さっき借りてきました。BLUE SEEDやベルばらと一緒に。
あ、そうそう、「プロジェクトAのテーマ」、一番だけなら何も見なくても歌えるようになりましたよ・・・。



貪欲に投票するお!(`ω′)
 人気ブログランキングへ

ブログランキング参加中。クリックにご協力お願いします。


bb01.jpg携帯の待ち受けをブリジット・バルドーにしました。この画像ではないですけど。
持ってる本から、セピアモードで写メりました。昔持ってた別の携帯でも同じように写メって、待ち受けをBBにしてたなぁ・・・。

ブリジット・バルドーは60年代に活躍したフランスの女優です。
アメリカのセックス・シンボルがマリリン・モンローなら、対してフランスのセックス・シンボルはブリジット・バルドー・・・とよく比較されてますね。
愛称はBB(ベベ)。

bb02.jpgこれいつのバルドーだろう・・・。マジで可愛いなぁ・・・。今見ても全然古くないよ。
彼女の髪の色は、元々ブルネットだったのを、ブロンドに染めていたそうです。本当に、ブロンドがよく似合います・・・。
彼女の映画は・・・、確か「素直な悪女」と・・・あと・・・、もう一本見たんですが忘れました・・・。
フランス映画って苦手なんですよねぇ・・・。こう・・・盛り上がり盛下がりがあまりなく物語が淡々と進んでいくという・・・。
見た2作品もバルドー可愛いなぁ・・・で終わった気がします。
学の無い私には作品の良さはあまり分かりませんでした・・・。

彼女もモンローに負けず劣らずの恋愛遍歴を持っていますが、恋愛の仕方は全然違っていたようです。モンローが受け身でまさに「女」あるなら、バルドーはむしろ男のように能動的で、恋人をとっかえひっかえ、遊びまくった挙句にボロ雑巾のように捨てていたとか・・・。
う~ん、一度でいいからそんなふうにしてみたい!!

そんな彼女も今じゃすっかりおばあちゃんで、動物愛護運動をしていたはず・・・。
しかし人々がブリジット・バルドーと聞いて思い出すのは、あの頃の若く美しいBB・・・。
いやぁ、女優は得ですね。そういう意味では。



「下弦の月」の雰囲気にとても合っている歌だなぁ・・・。誰の歌?いい歌だ・・・。


こんなのもありました。同じ歌。FFⅧ懐かしい。リノアあんまり好きじゃなかった。こんなに髪短かったっけ?もうちょっと長くて茶髪ならいいのに。・・・あ、でもエアリスは嫌いです・・・。

韓国語っぽい歌ですね・・・。有名なのかな?マジでいい歌なので興味を持ち、調べてみたら、ジャッキー・チェン(とキム・ヒソンという知らない方)の歌だった!!「Jackie Chan」ってジャッキーかよ!(もっと早く気付け)

ジャッキーって言ったら、アレですよ。


これしか思いつきませんでした。「プロジェクトAのテーマ」・・・。画像は全然関係ないですけど・・・。でも見てるとちょっとウケます。
作った方、お疲れ様です・・・。




貪欲に投票するお!(`ω′)
 人気ブログランキングへ

ブログランキング参加中。クリックにご協力お願いします。


この前、私がよくピアノで弾くと書いた、「THE CAPE OF STORM」。映画「下弦の月~ラスト・クォーター」の主題歌です。
この映画で主人公・美月役を演じたのは栗山千明。これを見たのは彼女目当てでした。
栗山千明好きなんですよ。理由は、顔が綺麗からです・・・。

「THE CAPE OF STORM」のピアノバージョンは、作中で美月も弾いています。(サントラ収録されているバージョンとは違います。よって、私の持ってる譜面とも違う)
ピアノのシーンだけを器用に編集した動画を見つけましたが、音が小さいですね・・・。多少のネタバレがあるので、もしこれから初めて見る!って方は、残り15秒くらいのところで止めた方がいいかと。
この楽譜を見つけるのに、かなり苦労したなぁ・・・。

しかし、美しい・・・。この映画ははっきり言って私的にはこの子を見てるだけで満足なんですが、でもこれは内容も面白いです。(どっちだよ)
矢沢あい原作だけあって、ストーリーは観客を惹き込むだけのものを持っています。そして神秘的で、セットや映像・音楽も美しく、加えて栗山千明も美しい・・・。
美しいものが好きな方にはいいんじゃないでしょうか。私はこの映画、好きです。

どうでもいいですが、成宮寛貴が演ってる知己にいちいちイラっとくるのは私だけですかね・・・?
そうそうHYDEも出てますが、私には関係ないです・・・。
・・・「THE CAPE OF STORM」はHYDEの曲ですけどね・・・。

栗山千明ちゃんといえば、アイスの「和ごころ」のCMをやって・・・たっけ?まぁとにかくこの「和ごころ検定」はかなり難しかった・・・。私がものを知らないだけでしょうけど。
でもなんとか「和ごころ師範」の認定を受けましたぞ・・・!(ヒマだなぁ)




弟のビデオ段ボール箱からわざわざ探し出してきました。

20070918_1同窓会へようこそ ~遅すぎた夏の帰郷~」。
加藤あいの人気が出始めた頃の、TBSの単発ドラマです。これ、1999年の作品なんですねぇ。
一体何度見たことでしょう・・・。面白いと言うより、印象深い作品だと思います。
主演は豊川悦司と加藤あい。

あらすじは簡単に言うと、主人公(トヨエツ)が高卒後20年ぶりに故郷の倉敷に帰り、地元に残してきたまま音信不通になってしまった、当時の恋人にそっくりな少女(加藤あい)と出会う。そこで繰り広げられるさまざまな不思議な出来事・・・という感じでしょうか。

相変わらずはしょりすぎ・・・。

しかも「さまざまな不思議な出来事」って言い方、ちょっと俗っぽくて違うかなぁ。
しかし誰も住所を知らないはずの主人公の元に、20年ぶりに同窓会名簿が送られてきたりするんですよ。果たして、それを送ったのは・・・?

それはさておき、

ai03この作品は、加藤あいの魅力無しには語れません。
たまにこのような8ミリの映像が流れます。8ミリでも美しいあいちゃん。
この中で、あいちゃん(昔の恋人)は主人公に何かを話しかけているのですが、8ミリなので無音のため、なんて言っているか分かりません。
主人公は必死に思い出そうとしますが・・・。
最後の最後で、やっとなんて言っていたかが分かるのです。

その言葉が・・・全部分かってからだと・・・切ねぇよ・・・!!(泣)

それにしてもあいちゃんはセーラー服がよく似合います。

ai05
いつかの写真集から(「制服コレクション」みたいな感じの・・・)。これも・・・よく似合っていますが・・・、髪が茶色いのがちょっと・・・。
やっぱセーラー服には黒髪じゃなかろうか。
ブレザーなら茶髪でもいい気がするが、セーラー服は黒髪でしょう。
そしてあたしゃブレザーよりセーラー服派だ。
私自身は学生時代ずっとブレザーだったので、無駄に憧れてるってのもあります。セーラー服着たかった。だってセーラームーン世代ですもの。


ai04「もっと一緒にいたいのに・・・。夕日、沈まなければいいのに・・・」

私の中で印象的なシーン。う、美しい・・・!主人公の回想シーンでのあいちゃん。二人でよく夕日を見に行ってたんですね。
このセリフは最強の殺し文句だと思います。・・・が、大人が言っても、現代の女子高生が言っても全然効果ないですね・・・。当時だからこそ。そして美しいあいちゃんだからこそ・・・。

しかし・・・前も書きましたが、この頃の彼女の透明感って言ったらない。純粋無垢とはこのことか。さらにこの作品に関しては神聖さすら感じます。神懸かってます・・・
当時の加藤あいには、歴代ハロメンも誰一人として敵わないと思います・・・。

なんか・・・今気づいたんですが・・・、この作品、私の中で加藤あいによってかなり美化されているのかもしれません・・・。そしてさらに、私の中の「故郷」も相~当に美化されていました・・・。

いや・・・でも、最近見てもやっぱり良かったから、この作品はイイ!
東京で一人暮らしをしている間も、レンタルショップで何度も借りて見てました。
で、絶対泣くのが・・・

20070918_2ここ!これ!(泣)
エンディングの中で、今は亡き主人公の父親(峰岸徹)が大学進学のため上京する息子を駅のホームで見送るシーン。
ここのセリフが・・・また・・・(大泣)。
ホントにこれ何回も見たんですけど、私はこのシーンで絶対確実に声を上げて大号泣します。
ここは男性でも泣くんじゃなかろうか。男性だからこそ・・・。

そしてまたテーマソングである、ガーデンズの「エンドレスサマー」が本当によく合ってるんですよ!この作品を見た次の日、出勤時にこの曲を聴くとさっきの駅での親父のシーンを思い出し、よく電車の中で涙ぐんでました・・・。

いやぁ本当にこの作品はイイです。倉敷の街並みも美しくノスタルジック。
キャスト陣も何気に充実していますし・・・。
それから特に、故郷が遠くにある方におすすめ!

ふるさとが美化されるであろうこと間違いなし!!・・・たぶんそれくらいがちょうどいいんですよ・・・。

「ふるさとは、遠くにありて思うもの」って室生犀星も言ってますし・・・。

ちなみに、弟が書いたこのビデオの手書きのインデックスには・・・
「加藤あい 保存版」(そしてご丁寧に「標準モード」というシールが貼ってある・・・。おかげでキレイに見れました)
当時彼は中学生だったのだが・・・。弟よ、お前の感性は間違っていない・・・。